「猛者」と「亡者」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「猛者」と「亡者」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「猛者」「亡者」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「猛者」とは?

「猛者」の意味と使い方について紹介します。

「猛者」の意味

「猛者」「もさ」と読みます。

意味は「力の優れた勇敢な人」「技能に優れた人」「荒々しい人」になります。

「猛者」の使い方

「猛者」の意味は以下の3つです。

1つ目は「勇敢な人」という意味で、相手が強くても自分から立ち向かっていく人のことを言います。

古くは「もうざ」と読み、「歴戦の猛者」など、数多くの戦を経験して名を上げている人に対して使われます。

2つ目は「技能に優れた人」という意味で、ある分野で非常に優れた能力を発揮して、活躍する人ことを言います。

「柔道部の猛者」と言えば、柔道の部活で最も優れた技能がある人という意味です。

3つ目は「荒々しい人」という意味で、言動が荒っぽく、すぐにケンカ腰になる人のことを言います。

「猛」「たける」とも読み「勢いがはげしい様子」という意味があり、3つの意味に共通しています。

「亡者」とは?

「亡者」の意味と使い方について紹介します。

「亡者」の意味

「亡者」「もうじゃ」と読みます。

意味は「仏教用語で、亡くなった後に成仏できずにさまよっている魂のこと」「金銭や色欲などにとりつかれている人」という意味です。

「亡者」の使い方

「亡者」には以下の2つの意味があります。

1つ目は「亡くなった人」という意味で、生前に悪行したりなど心がけが悪く、死後に成仏できず冥途でさまよっている魂のことを言います。

2つ目は「金銭は色欲などにとりつかれている人」という意味で、「金の亡者」など、ある物への執着が異常である様子に使われます。

「猛者」と「亡者」の違い!

「猛者」「力の優れた勇敢な人」「技能に優れた人」「荒々しい人」です。

「亡者」「亡くなった後に成仏できずにさまよっている魂のこと」「金銭や色欲などにとりつかれている人」です。

まとめ

今回は「猛者」「亡者」の違いをお伝えしました。

「猛者は勇敢な人」「亡者は亡くなった人」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典