スポンサーリンク

「現出」と「出現」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「現出」と「出現」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「現出」「出現」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「現出」とは?

「現出(げんしゅつ)」とは、「(見えなかったものが)実際にあらわれて出ること・実際にあらわして出すこと」を意味している言葉です。

「現出」の表現には、「人の意図(考え)・計画が働いた結果として姿をあらわすこと、具体的な形を為すこと」といった意味のニュアンスがあります。

例えば、「油絵具で素晴らしい色の質感が現出しました」「今までにない画期的な製品が現出しました」といった例文で使えます。

「出現」とは?

「出現(しゅつげん)」とは、「隠れていたもの・見えなかったものが姿をあらわすこと」を意味している言葉です。

「出現」の表現には、「物理的に人・動物・物が姿をあらわす、姿を見せる」といった意味のニュアンスがあります。

また「出現」には、「他の天体におおわれて見えなかった天体が再び見えてくる」という天文学用語の意味合いもあります。

例えば、「驚異的な実力を持つルーキーが出現しました」「惑星の陰に隠れていた衛星が出現しました」などの文章で使用されます。

「現出」と「出現」の違い!

「現出」「出現」の違いを、分かりやすく解説します。

「現出」「出現」はどちらも「見えなかったものが姿をあらわすこと・あらわして出すこと」を意味している言葉ですが、「現出」という表現には「人の意図や計画が関与することで姿をあらわす・実際の形をあらわす」といった意味のニュアンスがある違いがあります。

例えば、「物陰からクマが出現しました」「現出」よりも「出現」のほうが適切な表現になりますが、「芸術作品によって美の本質が現出した」の場合には「芸術を制作する人の意図が関与している」ため、「出現」よりも「現出」のほうが適切な表現になるのです。

まとめ

「現出」「出現」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「現出」とは「実際にあらわれて出ること・実際にあらわして出すこと」「人の意図・計画が働くことで姿をあらわすこと」を意味していて、「出現」「隠れていたもの・見えなかったものが姿をあらわすこと」を意味している違いがあります。

「現出」「出現」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典