スポンサーリンク

「現金納入」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「現金納入」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お金にまつわる言葉には、意味不明のものもあります。

この記事では、「現金納入」の意味を分かりやすく説明していきます。

正しい内容を、理解していきましょう。

スポンサーリンク

「現金納入」とは?意味

現金納入とは、現金を手渡しで納めること。

小中学校の部活や習い事の教室などでおこなわれている、昔ながらのやり方です。

お金を納める方法はいくつかあります。

銀行口座からの自動引き落とし、銀行振込そしてコンビニ振込などが一般的です。

けれども学習塾や習い事の教室によっては、手続きや手数料がわずらわしいという声もあって「現金納入」が好まれることもあります。

通帳の残高不足による授業料の滞納を防ぐために、わざわざ現金納入を選んでいる教室もあります。

「現金納入」の概要

現金納入は「現金」「納入」という用語から、できています。

現金とはキャッシュのこと。

納入とはお金を納めることです。

現金納入はもともと、学校の給食費やPTA会費などで用いられていたやり方です。

最近では「多額の現金を学校に持っていくことが防犯上危ない」という声も多数あるため、多くの学校が現金納入を取りやめる動きも出ています。

現金納入に代わっておこなわれているのが、郵便局や銀行など「金融機関での口座振込」です。

残高不足で振替が確認できなかったときは、学校から保護者に連絡をおこない「現金納入」にてお金を納めてもらう仕組みをとっています。

「現金納入」の言葉の使い方や使われ方

現金納入という言葉は、次のように用いられます。

・こちらの学習塾では誠に勝手ながら、現金納入をお願いしております。

・今年度の自治会費を現金納入で、自治会館に納めに行った。

・現金納入で納める場合は、保護者の方の付き添いをお願いします。

現金納入という形式を用いているのは、学習塾や習い事の教室です。

また幼稚園や小中学校が一部の費用を、現金納入という形式でおこなっている場合もあります。

「現金納入」の類語や言いかえ

現金納入の類語には、次のような言葉があります。

・現金払い
・現金でのお支払い
・現金決済
・現金納金
・キャッシュオンリー
・現金のみ
「現金納入」とは、現金でお金を納めること。

そのため「現金払い」「現金でのお支払い」などに言いかえることができます。

現金納入はキャッシュレス決済とは、正反対の納金方法です。

時代に逆行しているというと言いすぎかもしれませんが、それでも未だに多くの学校や習い事の教室では確実な「現金納入」が好まれています。

まとめ

「現金納入」の言葉の意味や概要、使い方や類語などをチェックしました。

今どき珍しい「現金納入」とは、手渡しでお金を納めること。

お互いの顔を見ながら、直接お金のやり取りをすることです。

「現金納入」は一部の学校や幼稚園、そして学習塾などで採用されている納金方法です。

「現金納入」のメリットは、振込手数料がかからないこと。

デメリットは受け渡しの手間がかかること、多額の現金を持ち歩く必要があることです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典