スポンサーリンク

「理念」と「使命」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「理念」と「使命」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「理念」「使命」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「理念」とは?

「理念」は経営やものの考え方を大まかに示すことで、絶対的な意思を表す言葉ではありません。

絶対的な、意思を表していないが故、「理念」とはそのように考えていることだけを表す言葉です。

「理念」の使い方

「理念」の使い方ですが、おおよそ、そのように考えているだけのことに用います。

「理念」という言葉を使う場合、「理念」を持つというう形で何をどうするかということを記すことでおおよそどのようなことを考えているかを示すことができるのです。

「使命」とは?

「使命」とは絶対に果たすべき目標のことを示します。

この目標は、経営目標だったり、成績を上げて出世するなどのことを指し、何をどうすることでどうなるかまでを決めることです。

その為、何をどうするかを決めずに何を行うかだけを決めた場合、「使命」ではないです。

「使命」の使い方

「使命」は何をどうすることでどうなるかという目標を持つ場合、その事柄について「使命」と記します。

例を挙げれば、「勉強を頑張ることで東大に行くことが使命である」と記した場合、勉強を頑張ることが東大に行くための目標を達成する手段であるとするのです。

「理念」と「使命」の違い

「理念」はあくまで、目標を掲げるだけで達成する必要性はなく、達成できた場合、それでよしとします。

一方で「使命」は目標を達成させるために何をどうすることでどうなるかを「使命」とし、必ず成功させねばならないという目標があります。

ですが、「使命」も目標が達成できない場合、「使命」を果たせずとすることで目標が達成できなかったとしますので「理念」「使命」の明確な違いは心構えになり、絶対に目標達成することにこだわる場合「使命」となり、それほど、目標達成にこだわらない場合、「理念」となるのです。

「理念」の例文

・『わが社の経営理念は節制です』
この例文は、会社が経営の目標に節制をしているという例です。

「理念」とあるため、絶対ではなく、一応目標としていますよという緩い取り決めです。

・『理念を持つことは良いことです』
この例文は、形だけの目標でも持つだけ良いことであると述べた物です。

「理念」とすることで絶対的な目標ではないという意味となります。

「使命」の例文

・『私の使命は、敵討ちです』
この例文は、敵討ちを必ずやり遂げることを意味します。

ただし、この「使命」も目標を達成させることを第一としていますが、目標が達成可能であるかは人物の能力により異なります。

・『君の使命はこの商品を売り切ることだ』

この例文は、何が何でも、商品を売り切ることを約束させている文です。

「使命」は約束事になりますので、この場合、第3者が「使命」を与えた場合、約束事になるのです。

まとめ

「理念」「使命」の違いは絶対的に目標を達成するかとそうではないかです。

その中で、「使命」は対象に課すことが可能で、課されたものはそれに対して答える必要性は一応発生しますが、必ずしも達成する必要性はないです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典