「理解力」と「認知力」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「理解力」と「認知力」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「理解力」「認知力」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「理解力」とは?

「理解力(りかいりょく)」とは、「物事の内容・意味について、筋道を立てた思考によって分かることができる能力」を意味している言葉です。

「理解力」というのは、「ある物事・文章・コミュニケーションなどの本質的な意味・内容・仕組みについて、道理(論理・現実)に従って正しく知ることができる能力」のことを意味しているのです。

「理解力」とは、「知識・経験・論理的な思考によって、ある物事の本質的な意味や仕組みが分かる能力」のことなのです。

「認知力」とは?

「認知力(にんちりょく)」とは、「ある物事・人物の存在について認識することができる能力」のことを意味している用語です。

「認知力」という言葉には、「氏名・住所・現在地・今の日時など、自分自身や現実の基本的な情報について正しく認識することができる能力」の意味合いもあります。

「認知力」というのは、「ある物事・他者の存在を認めることができる能力」「現実世界・他者・自分自身の基本的な事柄について認識できる能力」のことです。

「理解力」と「認知力」の違い!

「理解力」「認知力」の違いを、分かりやすく解説します。

「理解力」「認知力」はどちらも「何かを知ることができる能力」を意味している部分では似ていますが、「理解力」とは「論理・道理に従った思考によって物事や文章などの意味を正しく知ることができる能力」のことを意味しています。

「理解力」に対して「認知力」のほうは、「本質的な意味(深い意味)を知るレベルではなく、他者・物事がそこに存在していることを認められる能力」を意味しているという違いがあります。

「理解力」とは「物事・文章・コミュニケーションの持つ本質的な意味を、論理的あるいは現実的な思考で知ることができる能力」ですが、「認知力」のほうは「他者の存在や自分の基本的な事柄(氏名・現在地・日時など)を認識できる能力」であるという違いを指摘できます。

「理解力」「論理的に深いレベルで分かるための能力」であり、「認知力」とは「脳機能が正常であること(認知症などを発症しておらず正常であること)と関係する、自分・他者・世界(現実)に対する基本的な認識能力」のことなのです。

まとめ

「理解力」「認知力」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「理解力」とは「物事・文章・会話などの意味・内容を道理(論理)に従って分かることができる能力」を意味していて、「認知力」とは「他者やモノの存在を認めることができる能力」「自分や現実世界の基本的な情報について認識できる能力」を意味している違いがあります。

「理解力」「認知力」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典