「甘く見る」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「甘く見る」

「甘く見る」「あまくみる」と読む慣用句の一つです。

慣用句とは、二語以上の単語が固く結びつき、一つ一つの言葉の意味とは全く違う意味をもつひとまとまりの言葉・文句や言い回しのことを言います。

「甘く見る」の意味

前項では「甘く見る」は慣用句であることを説明しました。

「甘く見る」「甘い」「見る」という二つの単語から成り立っている慣用句です。

元々「甘い」は砂糖や蜜のような味・匂いを表す意味や、厳しさにかけている意味、評価の基準が厳格でない様、物事の機能が本来あるべき状態より衰えている様等を表す言葉です。

また、「見る」は目で物事の存在を確かめる様子や観察、判断する様子を表す言葉です。

この二つの言葉が結びつき「甘く見る」という慣用句が成り立っているのです。

では、「甘く見る」はどのような意味を持つ慣用句なのでしょうか。

意味としては、状況や物事をたいしたことがないと軽くみる様子や、なめる、見くびるという意味を持っている慣用句です。

「甘く見る」の言葉の使い方

では、次に「甘く見る」の使い方を勉強していきたいと思います。

どのような状況の際に「甘く見る」を使うのでしょうか。

まず、自分自身が物事を甘く見ている側だとすると、後悔している時などに使用することが多い言葉です。

そして、自分自身が相手に甘く見られていた側だとするとなめられていると感じた時や、バカにされていると感じた時などに使用することが多い言葉なのです。

「甘く見る」を使った例文・短文(解釈)

前項でどのような状況下で「甘く見る」を使用するのかを説明しましたが、このセクションでは実際の例文を使ってより深く理解していきたいと思います。

「甘く見る」の例文1

「前回の練習試合では余裕をもって勝てた対戦相手だったが今回は大差で負けてしまった。

甘く見ていたせいでこんなことになってしまった」
上記の例文からは後悔がひしひしと伝わってきます。

自分自身が物事を甘く見ていた結果失敗してしまったことを深く後悔している文章です。

「甘く見る」の例文2

「お小遣いアップの交渉をしたところ、両親はテストの平均点が80点を超えたらお小遣いをあげてくれるという条件を提示してきた。 私のことを甘く見てもらっては困る」おそらく子供のテストの平均点が80点を超えることはないとみくびって両親は上記の条件を提示してきたのでしょうが、子供からすると平均点80点越えは簡単なようです。

両親は「甘く見てしまったせいでお小遣いをアップさせないといけなくなった」と後悔することでしょう。

「甘く見る」の例文3

「簡単な面接だから心配する必要はないと言われたので周りの友達は対策をしていないようだが、そんなに甘く見ていて大丈夫なのだろうか」上記の例文からは心配する様子が伺えます。

状況を甘くみたせいで面接に落ちることはないだろうか、本当に対策は不要なのだろうかと危惧する様子がひしひしと読み手に伝わってくる例文です。

「甘く見る」の英語

最後に「甘く見る」を英語に翻訳した場合はどのような英語が使われるのかを紹介しておきます。

まず、「仕事を甘く見るな」を英語に翻訳すると“Don’t make light of the job”と訳すことができます。

“light”には「軽い、易しい、気楽な」などという意味があるため「甘い」というニュアンスを表すのに適しているのです。

もう一文英語に翻訳した例文を紹介します。

次は、「彼女を甘く見ていた」を英語に翻訳すると“I underestimated her”と訳すことができます。

“underestimated”には「過小評価、小さく見積もる、侮りがたい、軽視するべきでない」といった意味を持つため「甘い」というニュアンスを表すことができるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典