「甘やかす」と「甘えさせる」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「甘やかす」と「甘えさせる」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「甘やかす」「甘えさせる」の違いを分かりやすく説明していきます。

「甘やかす」とは?

「甘やかす」の意味と使い方について紹介します。

「甘やかす」の意味

「甘やかす」「あまやかす」と読みます。

意味は「子どもに対して過干渉、または過保護なること」です。

「甘やかす」の使い方

「甘やかす」は、子供が自分でできることを、親が先にやってしまい、子供に自分でやったり考えたりする機会を与えずに育てることを言います。

親が過干渉、または過保護であり、自分の都合で子供にいう言を聞かせようとして、何でも手を出してしまうのです。

子供が欲しがるままにおかしやおもちゃ、お金をなど物質的なものを与えてしまったり、悪いことをしても注意しないなどの親のエゴによる行為です。

甘やかされた子供は自主性がなくなり、我慢ができず、他人の気持ちや周囲の状況が読めなくなります。

「甘えさせる」とは?

「甘えさせる」の意味と使い方について紹介します。

「甘えさせる」の意味

「甘えさせる」「子供が親の助けや愛情を求めてきた時に、理解して受け入れてあげること」です。

「甘えさせる」の使い方

「甘えさせる」は、子供が親の助けや愛情を求めてきた時に、理解して受け入れ、大きな気持ちで受けれてあげることを言います。

親に甘えられる子供は、心が満たされて自立心が芽生えるのが早くなります。

自分は親に大切にされていることが分かり、自己肯定感に満ちて、相手を信頼できる子供になります。

成長してからも相手に対する思いやりに満ちて、人と信頼関係を築いていける様になるのです。

「甘やかす」と「甘えさせる」の違い!

「甘やかす」は「子どもに対して過干渉、または過保護なること」です。

「甘えさせる」「子供が親の助けや愛情を求めてきた時に、理解して受け入れてあげること」です。

まとめ

今回は「甘やかす」「甘えさせる」の違いをお伝えしました。

「甘やかすは親のエゴ」「甘えさせるは親子の信頼関係」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典