スポンサーリンク

「留年」と「休学」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「留年」と「休学」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「留年」「休学」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「留年」とは?

「留年」の意味と使い方について紹介します。

「留年」の意味

「留年」「りゅうねん」と読みます。

意味は「進級または卒業に必要な単位が取れずに、同じ学年に居続けること」です。

「留年」の使い方

「留年」は、進級や卒業に必要な単位が取れずに、同じ学年のまま居続けることを言います。

特に手続きは必要なく、試験で単位が取れなければ卒業証書が貰えず、自動的に留年になります。

一定年数を超えると退学になり、在学限度期間は大学の場合は8年とされています。

「留年」は、在学期間に含まれ、授業料も通常通りに支払わなければなりません。

落した単位が1教科だけであっても、授業料は変わらないのです。

また、「留年」すると奨学金は停止されます。

「休学」とは?

「休学」の意味と使い方について紹介します。

「休学」の意味

「休学」は、「その学校に在籍しながら許可を取り、一定期間休むこと」です。

「休学」の使い方

「休学」は、その学校に在籍しながら許可を取り、一定期間授業を休むことを言います。

学校に事前に目的や期間などを書いて申請する必要がありますが、内容次第では許可が下りない場合もあります。

休学期間中は在学期間に含まれず、授業料は免除されますが、「在籍費用」を支払う必要があります。

「休学」は、「海外留学」「経済的な理由」が多く、中には「長期インターンシップ」という理由もあります。

最近ではきちんとした目的があれば、1年位の「休学」ならば特に問題はないとしている企業も多くあります。

「留年」と「休学」の違い!

「留年」「進級または卒業に必要な単位が取れずに、同じ学年に居続けること」です。

「休学」「その学校に在籍しながら許可を取り、一定期間休むこと」です。

まとめ

今回は「留年」「休学」の違いをお伝えしました。

「留年は同じ学年を続ける」「休学は一定期間学校を休む」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典