スポンサーリンク

「異義」と「異議」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「異義」と「異議」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

英語を日本語に訳しているとき、どちらの文字を使うべきか困ってしまうこともあります。

この記事では、「異義」「異議」の違いを分かりやすく説明していきます。

正しい日本語を学んでいきましょう。

スポンサーリンク

「異義」とは?

異義(いぎ)とは、意味が異なっていること。

同じように見えても、中身がまったく違うことです。

2つの言葉を、区別したいときに使われます。

「異義」「義」は正義や義理などの熟語として、よく登場する言葉です。

義には「内容・表現」という意味合いもあります。

つまり異義は、内容が違っているということ。

訂正したいとき・修正したいときに用いられます。

異義と聞いてピンと来るのが「同音異義語」です。

同音異義とは、同じ読み方をするけれども意味が異なる言葉のこと。

たとえば「いじょう」と読む漢字に、異常と以上があります。

異常は正しくないこと。

以上はそれより上を表します。

同音異義が伝えているように、同じ発音でも違うこと・異なることを異義と呼んでいます。

「異議」とは?

異議(いぎ)とは、反対している意見のこと。

反発している主張をさします。

裁判所など法的な機関に対して「それは違いますよ」と不服な気持ちを伝えたいとき、積極的につかいます。

異議の「議」は会議や評議・議決などで用います。

誰かと意見を戦わせるというニュアンスがある言葉です。

また「議」という漢字には、自分の意見や考えという意味合いがあります。

つまり異議は、自分の思っていた意見と異なること。

転じて、間違っていると主張したいことという内容になります。

異議の例文として、このような文があります。

労働団体が最低賃金の異議申し立てをおこなった。

オリンピックの開催に、反対グループが異議を申し立てた。

これまでの主張を覆したいとき、逆の立場であることを伝えたいとき異議は用いられます。

「異義」と「異議」の違い

どちらも「いぎ」と読むため、パソコンの打ち間違えも多いのが「異義」「異議」です。

「異義」「異議」の違いを、分かりやすく解説します。

・漢字には異義
異なるという文字が入っているので、間違えて使われやすい言葉です。

ただ中身はまったく異なるので、しっかりマスターしておくのが肝心です。

異義は同じ発音なのに、読み方が異なること。

また同じように見えても、中身が違うことです。

主に同じ読みの漢字にたいして使われます。

それに対して異議は、反対している意見・不服としている主張をあらわします。

おもに裁判所や公的な機関に対して、異論を申し立てる場合につかいます。

とても似ている言葉ですが、中身は大きく異なるので正しく抑えておきましょう。

まとめ

「異義」「異議」の違いを分かりやすくお伝えしました。

異義は同音異義語にあらわされるように、異なる意味のこと。

異議は反対している意見や思いのことです。

どちらも「いぎ」と読むので、スマホやパソコンで打ち間違えをしやすい語句ですが、正しい使い分けを心がけておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典