スポンサーリンク

「痛みを伴う」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「痛みを伴う」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「痛みを伴う」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「痛みを伴う」とは?意味

「痛みを伴う」「痛み」の、文字通りの意味としては、病気や怪我で生じる耐え難い不快感を表現する言葉です。

また「伴う」は、一緒に行くや、付いて行くと言うと意味と、ある事柄に付随して別の事柄が起こると言う意味があります。

「痛みを伴う」の場合の「伴う」は後者の意味と言えます。

従って、「痛みを伴う」の文字通りの意味としては、病気や怪我をする事で、耐え難い不快感が身体に対する現象として生じる事を指します。

もちろん、この文字通りの意味でも、『この病気は、風邪の一種の病気ですが、お腹に激しい痛みを伴うのが特徴です。』の様に使われます。

しかし、しばしば耳にする「痛みを伴う」は、『何か改革をしようとすれば、痛みを伴うため、必ず反対する人が現れる。』のように比喩的な使い方をするケースです。

この比喩的な表現では、誰かにとって困る事や辛い事を「痛み」と表現しているのです。

「痛みを伴う」の概要

「痛みを伴う」の文字通りの意味については、余り説明の必要はないでしょうが、比喩的な使い方について、もう少し説明したいと思います。

先に記載した例の様に、『何か改革をしようとすれば、痛みを伴うため、必ず反対する人が現れる。』と言うのは、どうして起きるのでしょうか。

例えば地方自治体が、限られて予算の中で、ある予算配分を長く続けて来たものの、人口の年齢構成が大きく高齢化に傾くと、福祉予算を子供・子育てから、高齢者福祉へと振り向けざるを得なくなります。

すると、高齢者の福祉が改善されても、今度は子供・子育て予算が削減され、今まで通りの福祉を受けられなくなってしまう事が多いのです。

すると、子育て世帯は「痛みを受ける」事となり、その政策に反対する事が多いのです。

改革が、「痛みを伴う」ものである場合、その「痛みを受ける」人は、一般的にその施策に反対の立場を取る事が多いのです。

既得権が奪われる事に対して、人は誰しも反対するものなのです。

比喩的な「痛みを伴う」は、何か新たな事を実施すれば、それに付随して不利益を被る人が生じる様な場合を指す言葉として使われるのです。

「痛みを伴う」の言葉の使い方や使われ方

「痛みを伴う」は、『経営不振による倒産の危機を防ぐために、1年間の賃金の20%カットと言う痛みを伴う案が提示された。』の様に使われます。

「痛みを伴う」の類語や言い換え

「痛みを伴う」「痛み」の比喩的な意味としては、「不利益」「我慢」「損害」等が類語として上げられます。

従って、「痛みを伴う」「不利益を伴う」「我慢を伴う」「損害を伴う」と言い換える事が出来ます。

まとめ

「痛みを伴う」には文字通りの「病気や怪我で耐え難い身体の不快感が生じるさま」を意味する場合と、比喩的に「何かものごとを今と変化させると、必ず不利益を被る人が生じる」場合の、2つの使い方があります。

前者は言うまでもありませんが、後者の言葉の意味と共に、なぜそうした事が起こるのかについて、既得権と言う言葉と合わせて、しっかり理解したいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典