スポンサーリンク

「癇癪」と「イヤイヤ期」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「癇癪」と「イヤイヤ期」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

子育てにまつわる言葉は、色々あります。

この記事では、「癇癪」「イヤイヤ期」の違いを分かりやすく説明していきます。

違いを知って、赤ちゃんと一緒の暮らしを楽しんでいきましょう。

スポンサーリンク

「癇癪」とは?

癇癪(かんしゃく)とは、顔を真っ赤にして激しく泣き叫ぶこと。

パニックになって取り乱してしまうことです。

パパやママを困らせる、困った現象です。

癇癪としてよくあるのが「大泣きしてオモチャを投げる」「スーパーの床に寝そべる」そして「ベビーカーの上で泣き叫ぶ」などです。

どれも突然はじまるので、お世話をするママはとても驚きます。

こうした癇癪が起きるのは「パパやママに何かを伝えたいけれども、うまく伝えられない」もどかしさから来ているもの。

自分の思いを言葉にできないジレンマから、カッとなって物や周りの人に八つ当たりするのです。

癇癪は「眠い・お腹が空いた・遊びたい」などの欲求から、生まれることもあります。

誰しも訪れる成長プロセスのため、あまり過敏になり過ぎないこと。

癇癪があまりにひどいと感じたら、専門機関に相談してみることもおすすめです。

「イヤイヤ期」とは?

イヤイヤ期とは、2歳前後にあらわれる反抗期のこと。

何をやってもパパやママの言うことを聞かなくなる「魔の期間」です。

イヤイヤ期の例をあげると「公園遊びを切り上げようとしても、言うことをきかない」「不機嫌になると、パパやママの腕をつねる、足を蹴る」そして「叫び声をあげる・泣き叫ぶ」などがあります。

イヤイヤ期も子どもから、大人になるステップのひとつ。

イヤイヤ期が起こるのは「きちんと成長している証」なので、自信をもって子育てすることも大切です。

イヤイヤ期が訪れると、何をやっても「否定的に受け止められる」ので、精神的に参ってしまうことも多いものです。

長いように思えるイヤイヤ期ですが、いつかは去っていきます。

今だけと割り切って、落ちついてお子さんと向き合うことがおすすめです。

「癇癪」と「イヤイヤ期」の違い

同じくらいの時期に起こるので、見分けを付けづらいです。

「癇癪」「イヤイヤ期」の違いを、分かりやすく解説します。

・イヤイヤ期のあるあるが「癇癪」
イヤイヤ期は2~3歳に起こる、何でも「イヤイヤする」時期のこと。

家の中はもちろん、公園やスーパーでも突然泣き叫んだり暴れたりします。

いわゆるとても手がかかる、子育ての時期です。

このイヤイヤ期によく起きる現象が「癇癪」です。

そのため嵐のようなイヤイヤ期が過ぎ去れば、癇癪も嘘のように落ちついていきます。

まとめ

「癇癪」「イヤイヤ期」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらも魔の2歳児に起こる、子育ての通過点になります。

癇癪とは顔を真っ赤にして、怒ったり泣いたりすること。

そして癇癪が起こりやすいのが「イヤイヤ期」です。

イヤイヤ期が起こると子育てそのものが辛く感じますが、この時期さえ乗り越えれば、あとは楽になっていきます。

お子さんに寄り添いながら「自分自身も大切にした子育て」をしていきたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典