スポンサーリンク

「癇癪持ち」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「癇癪持ち」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「癇癪持ち」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「癇癪持ち」とは?意味

「癇癪持ち」とは、癇癪を起しやすい性格の人の事を指す言葉です。

「癇癪」とは、少しの事で激怒したり、怒りに身を任せた行動を起こしてしまう事を指します。

「癇癪持ち」の概要

「癇癪持ち」とは「かんしゃくもち」と読みます。

「癇癪」とは、少しの出来事でも激怒したり、周りに怒鳴り散らしたり、怒りに身を任せた行動をする性格を指します。

一般的には、幼い子供が少しの事で大泣きしてしまったり、わがままを言い続ける事などに対して「癇癪」という言葉は使われます。

しかし「癇癪」という性格は、子供に限った言葉ではなく、成人した大人であってもちょっとした事ですぐ激怒したり、少しの事で発作を起こしたかのように怒り狂ったりする人も存在します。

そのような人に対して「癇癪持ち」という事があります。

怒りに対する気持ちの制御を取る事が出来ず、怒りに身を任せて思いもよらない行動を取ったりする場合もありますので「癇癪持ち」の人に対しては、言葉のニュアンスを柔らかくするなど、周りの人も注意深く対応する必要があります。

ただ、一部ではただの性格とだけでは言えない場合もあり、多動性障害などと呼ばれる発達障害などの病気が原因の可能性もあります。

「癇癪持ち」の言葉の使い方や使われ方

「癇癪持ち」という言葉は、「癇癪」を持った人に直接指摘する場合に使われる言葉ではありません。

怒りを制御できないような状況を指すため、それを本人に指摘する事は逆効果となるため、「癇癪持ち」の人に対しては、それに対応するようなはなし方や接し方が必要になってきます。

幼い子供は「癇癪」を起こしやすく、少しの事で泣き叫んでしまったり機嫌が悪くなってしまったりします。

それを「うちの子は癇癪持ち」などと使用しますが、あまりよい意味の言葉ではないため、多用される事は少ないでしょう。

「癇癪持ち」を使った例文

・『私の2歳の息子は癇癪持ちだが、このくらいの年齢の子供はおかしい事ではない』
・『彼は子供の頃から癇癪持ちだが、感情のコントロールが出来るように日々努力している』
・『癇癪持ちの人には周りの人々が気を遣う事で少しでも怒りを抑える事が出来る』

まとめ

「癇癪持ち」とは、怒りのコントロールが上手くできず、少しの出来事でも激怒してしまったりする性格の人を指す言葉です。

一般的に幼い子供が「癇癪持ち」であることが多いですが、大人になった人でも一部で「癇癪持ち」な人は存在します。

発達障害などの病気が原因となっている場合もありますが、一部でどうしても感情がうまく制御できない人もいます。

「癇癪持ち」の人が感情を抑制できるように、周りの人々が協力して気を付ける事が重要と言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典