スポンサーリンク

「発行者」と「編集者」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「発行者」と「編集者」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「発行者」「編集者」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「発行者」とは?

「発行者」は、書籍を発行する際に最終的にその書籍を発行することを許す人物で雑誌や書籍に関する最高責任者です。

あくまで雑誌の編集や監修などの他書籍という物の最高責任者で雑誌社の経営権を持つ人物ではありません。

なお、雑誌や書籍の「発行者」は責任を取るべく立場にある人物であるため役員であることが多いです。

「編集者」とは?

「編集者」は、記者などの他書籍の文字群をまとめ上げたものを監修する立場にある人物です。

つまりは、雑誌であれば雑誌の内容を編集し、書籍であれば書籍の内容を編集し、言葉遣いや表現方法について審査を行う人物になります。

「発行者」と「編集者」の違い

「発行者」「編集者」の違いは雑誌や書籍に関する最高責任者であるとするか、あくまで雑誌や書籍を作り上げる構成員とするかです。

「編集者」は単なる雑誌や書籍の構成員ですが、「発行者」となりますと雑誌や書籍の発行に関して最終的な責任を負う立場になるため、役員が責任者となり「発行者」となります。

「発行者」の例文

・『この書籍は発行者が講談社だ』 この例は、雑誌や書籍の発行に関する責任を持つ者は、講談社という会社であるとした例です。

「発行者」は実は会社でも「発行者」となり責任者です。

・『この書籍の発行者は誰だろう』 この例は、本の発行に関して許可をした人物は誰だという例です。

恐らくですが、本を読んだ人物は、本の発行を許した人物に対して何か思うことがあると想定します。

「編集者」の例文

・『ドラゴンボールの編集者の方に会う』 この例は、ドラゴンボールという漫画の、監修に当たった人物に会うという例です。

「編集者」は、表現方法や内容を審査する人物になり、この例は、漫画のドラゴンボールの内容を審査した人物にあったという例になります。

・『動画の編集者になる』 この例は、書籍などではなく、動画の監修を行う人物になるという例です。

やっていることは、「編集者」と同じですので内容を審査して動画投稿時に不適切なコンテンツにならないように調整を行うのが「編集者」になります。

なお、雑誌の「編集者」と異なる点としては、「発行者」という人物が動画の場合、存在しないことです。

まとめ

「発行者」「編集者」の違いは、最高責任者であるかどうかです。

「発行者」は雑誌や書籍の販売や発行に関してのみの成功責任者で、この責任者が許可を与えない場合、雑誌や書籍は販売されません。

逆に、「編集者」は責任を問われる立場ではありますが、「発行者」よりも責任を問われる立場にないが故最高責任者ではないのです。

「編集者」はあくまで雑誌や書籍が販売可能な状態になるようサポートするだけで、実際にその書籍を販売してもよいかどうかのサインを出すのは、「発行者」になるため最終的に責任を問われる立場は雑誌の販売を許可する「発行者」という人物になるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典