スポンサーリンク

「登頂」と「登山」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「登頂」と「登山」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「登頂」「登山」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「登頂」とは?

山のてっぺんに登ることです。

山の定義はいろいろありますが、周囲の土地よりも高くなっている場所が山です。

国際連合環境計画では、山岳の定義がされており、あてはまるものが山とされています。

日本には、標高500m以下の山には、幌尻山、房住山、鹿野山などがあります。

日本で最も高い山は富士山で、標高は3776mです。

富士山よりもやや低い標高が3000mから3500mの山には、槍ヶ岳、間ノ岳、塩見岳などがあります。

このように山の標高はさまざまですが、どのような標高であっても、頂上まで登ることを意味する言葉です。

険しい山を登る場合は、登っている途中で体調が悪くなってしまうこともあるでしょう。

また、山の天気は変わりやすく、悪天候のため山に登れなくなってしまうこともあります。

そうすると、頂上まで行くことはあきらめなければなりません。

頂上にまで到達しない場合は、「登頂」とはいいません。

「登頂」の使い方

山のてっぺんに登ることについて使用をします。

山のてっぺんに登ろうと考えていても、途中で引き返してしまった場合には使用しません。

「登山」とは?

「登山」には、2つの意味があります。

1つめは、山に登ることです。

頂上に到達することという意味は含まれておらず、途中まで登ることも、頂上まで登ることも意味します。

山の高さは関係なく、標高500m以下の山に登ることも、富士山に登ることもいいます。

標高が低い山であっても「登山」をするときには、しっかりとした準備が必要です。

専用の靴、ザック、レインウエア、行動食、飲み物、アウター、ミドルレイヤー、ベースレイヤー、ロングパンツなどは必ず要ります。

もう一つの意味は、山にある神社や寺に参詣することです。

登ることが目的ではなく、お参りすることが目的です。

「登山」の使い方

山に登ることについて使用をします。

山の高さは意味に含まれていないので、山であれば標高に関係なく使用することが可能です。

「登頂」と「登山」の違い

どちらも山に登っていますが、どのあたりまで登るのかという点で意味が違います。

「登頂」はてっぺんにまで行くことです。

途中までのことは意味していません。

一番高いところまで行くことを意味する言葉です。

「登山」は山に登ることで、てっぺんにまで行くという意味は含まれていません。

てっぺんに行かなくても、山に登れば「登山」になります。

「登頂」の例文

・『登頂を考えている』

・『何度も登頂に挑戦している』

・『今度こそ登頂に成功してみせる』

・『登頂に成功しました』

「登山」の例文

・『登山計画を立てる』

・『登山に行くと友達に伝えた』

・『登山のための道具を買いに行く』

・『登山に行く日は晴れて欲しい』

まとめ

山に関係する2つの言葉ですが、どこまで行くのかという点で意味が違います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典