スポンサーリンク

「目を細める」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「目を細める」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「目を細める」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「目を細める」とは?意味

「目を細める」とは、愛らしいものを見た時などに嬉しくなり、笑みを浮かべる様子を言います。

他にも、物が見えなくて、「目を細める」ことで、物をハッキリ見ようとする場合にも使われます。

「目を細める」の概要

可愛らしいものを見た時は、自然と表情が柔らかくなり、目が細くなります。

この状態をそのまま表した言葉が「目を細める」と表現されるようになったようです。

「目を細める」の言葉の使い方や使われ方

「目を細める」の言葉を使った例文をいくつかご紹介します。

『彼は愛犬の話をする時は、いつも目を細めながら嬉しそうに話をしています』、『久しぶりに会った孫の顔を見て、可愛さのあまり、思わず目を細めた』、『冬になると、雪の中、バードフィーダーにやってくる野鳥たちを見ると、その愛らしさに自然と細めてしまいます』、『彼は大好きな愛車を見つめながら、いつも目を細めています』、『彼女は猫が大好きなので、猫カフェに行くと、ずっと目を細めながら、猫たちと幸せな時間を過ごしている』。

「目を細める」の類語や言いかえ

「目を細める」と似たような言葉としては、「目尻を下げる」「笑みがこぼれる」「頬が緩む」「白い歯がこぼれる」「口元を緩める」「笑みを浮かべる」「笑顔になる」、または「顔をほころばせる」などが挙げられます。

まとめ

可愛らしい動物や子供、または自分の好きなものなどを見た時に、思わず嬉しくて笑みがこぼれてしまいます。

人は笑顔になると、同時に目が細くなります。

また、もともと目が小さい人は、笑った時に目が無くなってしまうという表現をしたりします。

毎日の生活の中で、できるだけ幸せを感じるためにも、「目を細める」ような体験をしていきたいものです。

ペットを飼っている人や、小さな子供たちと接する機会が多いと、やはり「目を細める」機会も増えます。

そのような環境の中にいると、自然に笑みがこぼれてきますし、幸福感も味わいやすくなります。

健やかな日々を過ごしていくためにも、このような体験はできるだけ多くしていきたいものです。

そのためには、やはり物事への見方や意識を変えていくことも必要かもしれません。

もし、ストレスが多い毎日を送っているようならば、できるだけ「目を細める」ことができるような対象を見つけ、癒しと笑みを得ていく時間を作っていきたいものです。

そうすることでストレスが緩和されていきますし、思考もより良い方向へ向けていくことができるでしょう。

物事がうまく行かない原因の一つは、自分の思考に偏りがある場合があります。

考え方が煮詰まってしまっている時は、少し休憩したり、リラックスして、心地よく感じるものに目を向けてみると良いでしょう。

可愛いものが長年、根強い人気である理由は、やはり自然と笑顔で「目を細める」ことができ、幸せな気持ちになれるからなのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典