「目処が立つ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「目処が立つ」とは?

「目処が立つ」とは「将来の見通しが立つこと」、あるいは「目的を達する見込みがつくこと」ということを意味している言葉です。

「目処がつく」という言い方がされることもあります。

「目処が立つ」の読み方

「目処が立つ」「めどがだつ」という読み方になりますので、ここでしっかりとチェックしておくことにしましょう。

「目処が立つ」の表現の使い方

「目処が立つ」「目標が達成する見込みができること」という意味になるので、仕事をしている中で、何か期限がある物事で、その終わりが予想できるような段階に来た時に使われることになります。

「目処が立つ」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「目処が立つ」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

「目処が立つ」を使った例文1

「長く懸案だった問題に解決の目処が立ったので、ホッとしています。後は仕上がりの最終チェックをすることに専念しよう」

バタバタと慌ただしい中で、仕事の終わりが見えて、スケジュールに間に合う「目処が立つ」と、とてもホッとするものです。

しかし、そこで気を抜くと思わぬ落とし穴になる場合があるので最後まで気を抜かないようにしなくてはなりません。

そのためにも最終チェックは必要不可欠なステップです。

「目処が立つ」を使った例文2

「地震による停電から6時間でやっと復旧の目処が立った。後2次災害が起こらないように細心の注意を払うことが大切だ」

大災害の後に、停電などでながらく復旧に時間を要することがありますが、何とか復旧の「目処が立つ」と、それだけでホッとします。

しかし、2次災害が発生しないように危機管理に怠りのないようにしなくてはなりません。

特に自治体に属する人達は、何よりもそれを最優先にしなくてはならないでしょう。

「目処が立つ」の類語や類義語

「目処が立つ」を他の言葉で言い換えるとするなら、他にどのような言葉があるかを見ていくことにします。

「見通しがつく」【みとおしがつく】

「見通しがつく」「目処が立つ」の類義語として挙げることができます。

「目的を実現できる具体的な計画が見出されるさま」という意味で使われていますが、このような「見通しがつく」までには、多くの関係者の努力があることも忘れてはなりません。

「目標達成が見える」

「目標達成が見える」という表現もありやす。

「計画が達成することを目的として、それを達成するために意図される行動を終わらせる出来事の状態に終わりが見えてくる」というような意味があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典