「目標を達成する」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「目標を達成する」

目標を達成するというのは日常的に多くの人が利用する表現です。

「もくひょうをたっせいする」と読み、他にも目的を達成する、ノルマを達成する、目的を果たす、目標に達する、などといった表現があります。

目標というのは自分のノルマや目的を指し、達成というのは成し遂げること、果たすこと、を指すのです。

「目標を達成する」の意味

勉強や仕事に対し、「これを成し遂げたい」「これを成功させたい」と思うことがありますよね。

それを目標といいます。

そして「その目標まで頑張ること」「目標にまで至らせること」、を目標を達成するというのです。

例えば年内に英検1級を取得したいという目標に向けて努力し、英検1級を取得できたら目標を達成したということができます。

このプロジェクトを成功させたいと思う時、成功させることができたら目標を達成したと表現することが可能です。

「目標を達成する」の言葉の使い方

目標を達成するというのはありとあらゆる場面で使うことができる便利な表現です。

自分が立てた目標に対し努力をして、その目標が叶うことができれば目標を達成するといえます。

個人の目標ではなかったとしても、例えばグループで目標を達成することも可能ですし、オリンピック選手たちがメダルを目指して努力をし、メダルを取得することができたら彼らは目標を達成したと表現することが可能になります。

「目標を達成する」を使った例文・短文(解釈)

それならば、目標を達成するという表現はどのような文脈で使われるのでしょうか。

ここでは目標を達成するという表現の例文をいくつか紹介します。

「目標を達成する」の例文1

「彼女は年内に論文を発表するという目標を達成した」

研究者や学者にとって論文は命です。

新しく周りに発表できるレベルの発見をし、それを文章として発表しなければいけません。

そして論文の発表というのはなかなか簡単なことでは無いのです。

しかし、もしも年内に論文を発表したいという目標を持ったのであれば、それに向かって努力をしなければいけません。

そして高いレベルの論文集や学術雑誌に自分の論文を投稿することができた時、その人は目標を達成したということができます。

「目標を達成する」の例文2

「今年は1ヵ月あたり15冊の本を読むという目標を達成した」

パソコンやスマホが普及したことにより、活字で文章を読むという機会が減りました。

ニュースもインターネットで何とかなると考える人もいますし、最近は図書館を利用する人も減っていると言われています。

しかし、やはり本を読むということが大切です。

だからこそ、毎月目標を決めて今後読んでいきたいものです。

できるならば1ヵ月あたり15冊ほど本を読むことができると良いと言われていますが、もしもそのような目的を達することができたのであれば、それは目標を達成したと言えるでしょう。

「目標を達成する」の例文3

「彼は確かに営業目標を達成した」

ビジネスにおいて営業に携わっているという人も多いのではないでしょうか。

特に保険の営業などをする場合、ノルマが課せられてそれなりに大変な思いをすることがあります。

しかし営業というのは人によっては得意とする分野であり、営業目標に達成したことで自分のキャリアを上げることも可能になります。

そんな時、営業目標を達成したと表現することができます。

営業するにあたっていくつの営業を成功させるか目標を立て、それを実現することができたら、その人は確かに営業目標を達成することができたと言えるでしょう。

「目標を達成する」の例文4

「あのショッピングモールは売り上げ目標を達成した」

最近はどのお店もそれぞれ差別化を図り、売り上げ目標に向けて努力をするようになりました。

経済が悪化したことにより、あまり売り上げを達成することができないという悩みを抱えているお店も少なくありません。

そんな中、様々な工夫をして売り上げ目標を達成することができたお店は、今後も大きく発展していくと言えるでしょう。

最近のショッピングモール等は年中無休で営業していますが、そのような中でも売り上げを達成することは簡単では無いのです。

もしも売り上げを達成することができれば、それはお店にとっても大きな自信になると言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典