スポンサーリンク

「目算を立てる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「目算を立てる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「目算を立てる」の意味を分かりやすく説明していきます。

「目算を立てる」の意味、さらに使い方を紹介していきます。

スポンサーリンク

「目算を立てる」とは?意味

「目算を立てる」「もくさんをたてる」と読みます。

「目算」には、「目で見て数量の見当をつけたり、だいたいの計算をすること」という意味や、「こうなるだろうという予測や、それに基づいた計画。

見込み」
という意味があります。

このことから、「目算を立てる」は、「目で見て大体の数量の見当をつけること」、また「こうなるだろうという予測をすること」という意味があると考えることができます。

「目算を立てる」の概要

「目算を立てる」という言葉には、まず「目で見てあるていどの数量の見当をつけること」という意味があります。

例えば、ハトに餌をあげようとするとき、目で見てだいたい何匹くらいいるか見当をつけて、上げる餌の量を決める時などに使う言葉になります。

また、物事が今後どのようになっていくのか、ある程度の予測をするときにも、「目算を立てる」という言葉を使うことができます。

自分が携わっている計画の進行などの予測を立てる場合などに、「目算を立てる」という言葉を使ってみましょう。

「目算を立てる」の言葉の使い方や使われ方

会社のプロジェクトを達成するために、どの程度の年月が必要か、ある程度予測する場合にも、「目算を立てる」という言葉を使うことができます。

「プロジェクト達成のために必要な年月の、目算を立てる」などという文章にできます。

また、老後の生活に必要な資金を貯めておこうと思った時、どの程度の資金が必要なのか、考えるかもしれません。

この場合は、「老後資金の目算を立てる」などという文章にできます。

他にも、「料理を始める前に、目算を立てて、食材を買い込む」などという文章にできます。

「目算を立てる」の類語や言いかえ

「目算を立てる」の類語は、「見通しを立てる」です。

「見通しを立てる」「みとおしをたてる」と読みます。

「見通しを立てる」には、「物事の成り行きや将来のことを予測すること」という意味があり、「目算を立てる」とよく似ています。

例えば、電車の事故が起こった時、復旧までにどの程度時間がかかるかなどを予測する場合、「電車が復旧する見通しを立てる」などという文章にできます。

また、スキルや社会マナーを身に着けることで、将来まで仕事を続けていけそうだと予測できるようになった時、「仕事の見通しを立てることができた」などと言うことができます。

逆に、今後がどうなるか見通せない場合は、「見通しを立てることができない」と言うことになります。

まとめ

「目算を立てる」という言葉について見てきました。

「目算を立てる」には、目で見て大体の数量を予測したり、将来について予測するという意味があります。

目分量で料理を作る時、将来について考える時などに、「目算を立てる」という言葉を使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典