スポンサーリンク

「目算を誤る」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「目算を誤る」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「目算を誤る」の意味を分かりやすく説明していきます。

「目算を誤る」という言葉には、どのような意味があり、どのような使い方をすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

「目算を誤る」とは?意味

「目算を誤る」は、「もくさんをあやまる」と読みます。

「目算」には、「こうなるだろうという予測や、それに基づいた計画。

見込み」
などという意味があります。

何かに対する予測が外れたとき、また、見込み違いだった場合、「目測を誤る」という言葉を使うことができます。

「目算を誤る」の概要

「目算を誤る」という言葉は、日常的に使用できる言葉になります。

例えば、友達との待ち合わせがある時、待ち合わせ時間から逆算して、家を出る時間を決めるのではないでしょうか。

家から待ち合わせ場所まで、おそらく1時間ちょうどくらいかかるだろうと考えたのに、実際には1時間30分かかってしまった場合は、予測や見込みを外したということになるため、「目算を誤る」という言葉を使うことができます。

「待ち合わせ場所まで、1時間で行けると思ったのに、目算を誤り、1時間30分かかってしまった」などという文章にできます。

「目算を誤る」の言葉の使い方や使われ方

受験生が志望校を決める時、自分の実力と、伸びしろなどを考慮して、決めると思います。

偏差値60の学校に入学できるという「目算」を立てて、実際には偏差値50にしかならなかった場合は、「目算を誤り、志望校に入れなかった」などという文章にできます。

また、結婚する相手が、恋愛時期は落ち着きがないが、結婚したら落ち着きに違いないと思い結婚したところ、結婚後、もっと落ち着きがなくなってしまうことがあります。

この場合も、結婚をしたら落ち着くという「目算」を誤ったと考えることができるため、「目算を誤り、結婚後に夫はますます落ち着きがなくなった」などという文章を作ることができます。

「目算を誤る」の類語や言いかえ

「目算を誤る」の類語に「目測を誤る」があります。

「目測を誤る」「もくそくをあやまる」と読みます。

「目測」には、「目で見て、おおよその高さ、長さ、広さを測ること」という意味があります。

目で見て大きさなどを判断し、間違ってしまった時、「目測を誤る」という言葉を使うことができます。

例えば、ベッドを購入するとき、目で見て「部屋に入るだろう」と判断したものの、買ってみたら部屋に入らない場合は、「目測を誤り、ベッドが部屋に入らなかった」と言う文章にできます。

また、登山をしている時、頂上まで100mくらいだと、目で見て判断したのに、実は200mあった場合は、「目測を誤った」と言えます。

この場合は、「頂上まで100mだと思ったが、目測を誤り、200mあった」などという文章にできます。

まとめ

「目算を誤る」について見てきました。

意味を知り、例文を見ることで、どのような意味があり、どのような使い方ができるかが理解できたのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典