「直電」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「直電」

電話を掛けるとき、昔は固定電話でしたが今はスマートフォンやiPhoneなどが普及したことで固定電話の利用率も少なくなりつつあります。

そのためいつでも気軽に電話できるようになった現代ですが、「直電」という言葉が使われるになりました。

昔から使われてきた言葉ですが、昔と現代ではその意味合いが異なります。

しかし使用される機会も増えています。

実際に日常会話でも使われるため、その意味と使い方を理解しておくと恥をかかずに済むでしょう。

「直電」の意味

「直電」という言葉の読みとして「じかでん」「ちょくでん」と読むことが多いです。

その意味として、昔は固定電話があることを意味していました。

固定電話がない場合は置いている近くの家に電話をして、呼び出してもらうという方法が主流となっていました。

そのため固定電話があることで直接その相手に電話が出来るため、結果的に「固定電話を置いている」という意味合いで使われていました。

しかし現代では携帯電話の普及・一般化により固定電話がなくても自由に電話が可能となりました。

そのため「相手に電話をする」という意味は今も昔も同じですが、「固定電話がある・直接電話をする」と微妙に意味のニュアンスが異なります。

「直電」の言葉の使い方

「直電」という言葉は誰かに電話をかけることを伝えるときに使います。

そのため自分に対して使うことは少ないです。

使い方の多くは「今から直電する」と誰かに電話をする旨を伝える使い方が多いです。

また相手からの電話が多い時にも「直電が多い」という形で使われます。

そして「直接電話をする」の略称としても使われているため、若い世代で使われることが多いです。

対して年齢層が高い人は固定電話の認識で使うケースもあるため、世代差で使い方に違い・認識の違いもあるため注意が必要です。

「直電」を使った例文・短文(解釈)

「直電」を使うにあたり、略称としての認識・扱いが一般的です。

そのためプライベートな場では問題ありませんが、仕事中・フォーマルな場などでは適さないこともあります。

また相手によっても使い方に注意が必要なため、どう使うのかの例文と解釈を紹介します。

「直電」の例文1

「私は用事がある時は直接話したい方なんだ。 LINEも便利だけど直電することの方が多いかな」

この場合、用事の連絡に対して電話を選んでいます。

また連絡手段としてLINEもありますがあえて電話を選んでいるため、直電と言う言葉を使っています。

「直電」の例文2

「最近直電してくれる人が減ってきたと思う。 私が直電しても『なんで電話?』って言われる。 やっぱりたまには話したい時もあるよね」

この場合、電話で連絡をしてくれる人が減ってきていることを伝えています。

当事者は電話での会話・やり取りも好みますが周りがそうではないため、そのギャップに悩んでいます。

そして話している相手に共感を求め、相談しています。

「直電」の例文3

「職場の上司に『私が20歳のころは携帯なんてなくて、固定電話を置いている家も少なかったよ。 だから直電出来るようになったのはそこから数年たってからかな。 』と言われたが意味が分からない」

この場合、話の内容として当事者の過去の経験を話しています。

現代の直電ではなく、昔の固定電話の時の直電の意味・認識で話をしています。

しかし話している相手は若い世代のため、「直電」の認識の違いがあり話がかみ合っていない状況です。

「直電」の例文4

「あの人は何かあればいつも直電してくる。 話せてうれしい時もあるけど、いちいち電話されると忙しい時は面倒になる。 『メッセージでいいのに』って思ってしまうときもあるよ」

この場合、直電をしてくれることに嬉しさを感じつつもその頻度の多さから煩わしさも感じています。

話すこと自体は好きでも頻度が多いと都合が悪い時にかかることもあるため、多すぎる直電に対して不満を愚痴にして話しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典