スポンサーリンク

「眉をひそめる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「眉をひそめる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「眉をひそめる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「眉をひそめる」とは?意味

あれこれ心を悩ますことがあったり、他人の言動に不快感を覚えたりして、顔をしかめることです。

「眉」は、人間でいうと目の上に弓型に生えている毛を意味します。

まぶたに生えている毛ではなく、目の上、額のあたりに生えている毛です。

「ひそめる」は、満足できない、快くないなどのために、眉のあたりにしわを寄せることです。

「眉をひそめる」の概要

心配なことがあったり、他人の行動に不快なところがあったりすると、思わず表情に出てしまうことがあります。

眉のあたりにしわを寄せて、その感情を現すことが、この言葉が意味するものです。

SNSには誰でも自由に投稿することができ、誰でも自由に投稿されたものを閲覧することができます。

誰でもが自由に投稿できるからこそ、中にはそれを見る人を不快にさせるような内容のものが稀にあります。

たとえば、芸能人に対しての誹謗中傷です。

その芸能人が好きな人にとっては、好きな人が侮辱させるような言葉は読むことは不快です。

不快である気持ちを表情に現すときには、多くの人は眉のあたりにしわを寄せることでしょう。

目を大きく見開く、目を弓型にする、このような表情をする人は少ないはずです。

SNSで嫌な投稿を見た、それによって不快になった、そして眉のあたりにしわがよった。

こういったことをこの言葉は意味しています。

SNS以外でもこういったことはあります。

どういった行為に不快だと感じるかは、人によって異なります。

スケートボードが好きな人は、それをやるのが楽しいでしょう。

しかし、スケートボードによい印象を持っていない人も中にはいます。

そういった人からすると、スケートボードを行っている人を見ると、嫌な気持ちになることがあります。

とくに夜中に若い人が暗い場所で行っていると、よい印象が持たれません。

好きな人が見れば特に何も思わないことも、よい印象を持っていない人が見ると不快に感じるのです。

「眉をひそめる」の言葉の使い方や使われ方

あれこれ心を悩ますことがあったり、他人の行為で気分が快くない状態になったりして、顔をしかめることを指して使用します。

実際にしわを寄せていなくても、慣用句として不快であることを指す場合に使用することもあります。

何に心を悩ますのか、何に不快を感じるのかは人に寄って異なるので、人によって使い場面は異なります。

うれしい、楽しいといった感情が顔に現れるときには、しわを寄せることはほとんどありません。

そのため、うれしい、楽しいといった感情には使用しない言葉です。

「眉をひそめる」の類語や言いかえ

「顔をしかめる」が似た意味の言葉です。

快くないために、眉のあたりにしわを寄せることを意味します。

まとめ

心配事があったり、不快な気持ちであったりすると、それが表情に出てしまうことがあります。

その表情を意味する言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典