スポンサーリンク

「真摯に向き合う」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「真摯に向き合う」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「真摯に向き合う」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「真摯に向き合う」とは?意味

「真摯に向き合う」は、まじめに取り組み、かつ態度で示すことを約束することです。

つまりは、「真摯に向き合う」とは、元々はまじめに取り組んでいたのですが、何かが欠如することでまじめに取り組むということを忘れ、態度にも表れたが故相手を失望させてしまった経緯を見て取れます。

「向き合う」とあるように一度「真摯」という言葉に立ち返るからこそ「真摯に向き合う」という言葉はまじめにもう一度取り組むことを指します。

その為、「真摯に向き合う」は、まじめに再度取り組むことを相手に誓うために存在する言葉です。

「真摯に向き合う」の概要

「真摯に向き合う」とは、元々はまじめに取り組んでいた人物が何らかが要因となることで不真面目になり、問題行動が第3者の目に留まることで問題が表面化し、今に至る状態です。

この言葉は、言ってしまえば口約束なのではないかともとられ、その人の信頼性がものを言います。

つまり、営業成績などが良くとも、まじめに取り組んだが故の成績であれば信頼度は高いと言え、再度まじめに取り組むと言っても信頼ができます。

ですが、不真面目な人間が「真摯に向き合う」という言葉を述べても果たして再度まじめに取り組めるかという問題が生じるのです。

その為、不真面目な人物が「真摯に向き合う」と言った場合、その言葉が真実でないと分かれば後はどうなるかについては説明する必要性はなく、恐らくは、「真摯に向き合う」と言った人物は信頼から今までの業績から何まですべてを失うのです。

その為、簡単に、「真摯に向き合う」というのは、その人のまじめさが重要でどのような人物でも「真摯に向き合う」と言えば信頼を得られるものではありません。

「真摯に向き合う」の言葉の使い方や使われ方

「真摯に向き合う」が使われるケースは相手から再度信頼を得ようとした際、使用します。

ただ、相手側も本当にまじめに再度取り組むかどうかを判断する材料として「真摯に向き合う」という言葉を理解しますので、相手側はまじめでないと判断した場合即座に「真摯に向き合う」と進言したものを切り離すでしょう。

「真摯に向き合う」の類語や言いかえ

「真摯に向き合う」の類語および言いかえは、「まじめに取り組む」や、「実直に取り組む」があげられます。

まとめ

「真摯に向き合う」という言葉は一見すると信頼を勝ち取ることに際して便利な言葉に見えますが実はそうではなく、「真摯」は、まじめに取り組む様子を指しますので、まじめに取り組むという事柄に向き合えないと不成立となり、信頼はおろか、「真摯に向き合う」と進言した人物自体がうそつきの人間であるというレッテルを貼られるのです。

その為、簡単に、「真摯に向き合う」という人物ほど胡散臭い物はなく、実力および、まじめさの他ね対のようなものを感じ取ることができない人ほど「真摯に向き合う」という言葉は信用できない言葉として跳ね返っていくのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典