スポンサーリンク

「眠気」と「睡魔」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「眠気」と「睡魔」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「眠気」「睡魔」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「眠気」とは?

「眠気」とは、眠いと感じること、眠い感じという意味になります。

「昼ご飯の後は、眠気がさす」と言いますと、昼ご飯を食べた後に眠くなるという意味になります。

「眠気覚ましのコーヒー」「眠気があるなら運転するな」などと、使います。

「睡魔」とは?

「睡魔」とは、我慢することができない「眠気」のことを、魔物の力に例えて言う言葉です。

眠ってはいけない場面において「眠気」がくることを「睡魔におそわれる」「睡魔との戦い」などと使います。

「眠気」と「睡魔」の違い!

「眠気」「睡魔」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉は意味合いとしては同じですのでどちらを使ってもそれほど意味が変わることはありません。

「眠気」とは眠くなること、眠くなる感じという意味です。

一方「睡魔」とは我慢できない「眠気」という意味になります。

「眠気がおそう」「睡魔がおそう」は同じ意味と解釈しても差し支えないでしょう。

違いと言えば「眠気」の場合は眠い感じですので、我慢できる場合もあります。

「睡魔」の場合は「我慢できない眠気」という意味ですので、度合い的には「睡魔」の方が「眠気」が激しいということになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「眠気」「睡魔」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を正しく理解して、ふさわしい方を選び使うようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典