スポンサーリンク

「眺望を望む」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「眺望を望む」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「眺望を望む」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「眺望を望む」とは?意味

遠くを見渡すこと。

また、見渡した眺め、見晴らしという意味を眺望という言葉が持っており、「眺望を望む」という言葉にした場合は「眺望」の優れた景色を望むという意味合いになり、この場合の「望む」は希望するという意味合いと言うよりは目にするという意味合いになります。

眺望するという言葉が親しい意味合いの言葉ですが、「する」を望むにすることで意味合いをより良い方向に強調していると言えるもので、眺望を望むという言葉は風景を売りにしている立地の建物の広告のフレーズでいくつか使われています。

「眺望を望む」の概要

眺望を望むという言葉は「望む」の意味がやや重複していることもあり、辞書に載る正式な使い方の言葉とはいい難いものです。

「望む」という意味合いの良さ、字面の良さを活かしている言葉で「箱根の眺望を望む」など景勝地の地名+「眺望を望む」という言葉で風景写真の場所説明ができます。

眺望という言葉に見晴らしという意味合いが含まれるため、展望台などからの眺めがイメージしやすく、視線の高さが変わらない良い風景(砂浜から見た海)(目線の位置から見た桜の木など美しい花など)は眺望を眺めると言う言葉はなじまない部分があります。

「眺望を望む」の言葉の使い方や使われ方

「二階のデッキから眺望を望む」「伊豆の眺望を望むレストラン」などの使い方があり、基本的には高台から眺める風景の良さをアピールするために使われる言葉です。

そのため夜景や市街の遠景でも良い風景だとアピールできれば「眺望を望む」という言葉を使うことができます。

「隣のアパートの眺望を望む」では隣のアパートが良い眺めではないことが基本的なため、間違った使い方と言えます。

「眺望を望む」の類語や言いかえ

「眺望を眺める」「絶景を望む」「絶景を眺める」「眺望をする」「眺望を楽しむ」などが言い換えで使える言葉で、「展望する」という言葉も使えなくはないのですが、展望は現実の風景だけではなく、「今後の展望」などというように予測や考えなどの意味が含まれるため、「眺望」「絶景」などの方が言い換えとしては使いやすいと言えるでしょう。

なお、「絶景」を使わず「眺望」を使うのはやや謙遜の意味合いの可能性や実際絶景というレベルではないがいい風景を眺められるという可能性も含んではいますが、数値的に測定できる概念ではなく、高台から海を見るなどは「絶景」「眺望」ともに使える言葉と言っていいでしょう。

まとめ

「眺望を望む」という言葉は景色の素晴らしさをアピールする際の言葉で、見晴らしの良さが概念としてあるため、ビルの屋上や海沿いの高台などで使う言葉となっています。

「眺望」は辞書に載っていますが、「眺望を望む」は辞書には乗っていない言葉で、「眺望を望む」の類語がいくつかあり、言い換えのできる言葉でもあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典