「着実」と「確実」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「着実」と「確実」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「着実」「確実」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「着実」とは?

「着実」の意味と使い方について紹介します。

「着実」の意味

「着実」「ちゃくじつ」と読みます。

意味は「落ち着いて、確かにものごとを行うこと」「あぶなげなく手堅いこと」になります。

「着実」の使い方

「着実」は、冷静な状態で、確かにものごとが進んでいる状態のことを言います。

早いペースではなく、少しずつですが、間違いなく目的に向かっている時の表現です。

現在大きな成果が出ている訳ではありませんが、目標達成に近づいている時に使います。

「確かで間違いがない様子」という意味は「確実」と共通していますが、「着実」には「冷静に」という意味が含まれています。

基本的に人に対して使われる言葉で、「着実に実績を積む」など、慌てずにしっかり行動する様子に対して使われます。

「確実」とは?

「確実」の意味と使い方について紹介します。

「確実」の意味

「確実」「かくじつ」と読みます。

意味は「はっきりとしていて間違いのないこと」になります。

「確実」の使い方

「確実」は、このままでいけば、黙っていてもそうなることは間違いないことを言います。

こちらは人の行動だけではなく、あらゆるものごとに対して使われます。

生きているものでなくても「これだけ言い材料を使えば確実に美味しくなる」などに使います。

逆に「着実」は動きがあるものい対して使いますので、入れ替えて使うことはできません。

また、「確実」にはスピードは関係なく、早くても遅くても使われます。

「着実」と「確実」の違い!

「着実」「ものとごが落ち着いて間違なく進んでいること」です。

「確実」「はっきりとしていて間違いのないこと」です。

まとめ

今回は「着実」「確実」の違いをお伝えしました。

「着実はゆっくり間違いなく進んでいる」「確実は間違いがない」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典