スポンサーリンク

「着用」と「試着」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「着用」と「試着」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「着用」「試着」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「着用」とは?

「着用」は衣服を着て外出を伴うことを意味する言葉で、完全に自己が所有している所有物である衣服を身にまとうことです。

その為、借り衣装というレンタルの衣装がありますがあちらもお金を払うことで衣服を身にまとう権利を購入しているため、「着用」です。

「着用」の使い方

「着用」は事故に所有権がある衣服を身にまとえば「着用」という言葉で表現が可能です。

その為、一時的に所有権が譲渡するレンタルの衣服も同様に「着用」という言葉を使用可能です。

「試着」とは?

「試着」は自分に衣服が合うかどうかを試すことで試し着です。

この言葉は注意すべく点は衣服の所有権がないことです。

何故ないのかは、衣服を購入してないが故所有権が認められておらず、あくまでこのような衣服であることを可君するために許された行為です。

なお、「試着」可能な衣服以外をかってに試着することは許されず、「試し着」をすることができない商品にそでを通した場合、対象商品を買い取る必要性も生まれます。

「試着」の使い方

「試着」の使い方は「試着可能」な衣服に対して「試着」をすることを申し出ることで成立します。

もしくは店員側から「試着」を進められた場合にも成立しますが、必ず「試着」可能製品でなければ「試着」を行うことができないので注意が必要です。

「着用」と「試着」の違い

「着用」は自分に所有権がある、または一時的に所有権がある状況で、「試着」は所有権がない物にそでを通すことになるので違いは、所有権がある商品であるかそうではないかです。

所有権がない商品を「試着」しそのままお店を出る行為は窃盗罪に当たりますが、自己が所有する服を着たままお店を後にしても窃盗罪には当たりません。

その為、窃盗罪に問われるかどうかという点でも「着用」「試着」は異なり、自己が所有している服を着ているのであれば服を盗んだという罪に問われないのが「着用」「試着」はそのまま衣服を着たまま店を後にすると罪に問われ窃盗罪が適応されます。

まとめ

「着用」と試着の違いですが、おおざっぱに言いますと、所有権があるかないかでかつ、お店を後にした際、衣服を盗んだという罪で投獄されるか、されないかです。

「着用」は自己が所有している衣服であるため、お店で売られている衣服と異なり、お店を後にしても衣服を盗んだとされません。

一方、「試着」は別で自己所有権がない衣服にそでを通した状態でお店を後にした場合、窃盗罪が成立し投獄されます。

また、レンタル衣装については、一時的に所有権をお金を支払うことで購入していますので、厳密には「着用」「試着」 両方が成立しますが金品を支払っているため、逮捕の候補にはなりません。

ですが、着用期間を過ぎで衣服を返却しなかった場合、窃盗が成立しますので、レンタル衣装でも窃盗罪は成立する点が同じ「着用」「試着」扱いでも異なるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典