スポンサーリンク

「知見を深める」と「知見を広める」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「知見を深める」と「知見を広める」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「知見を深める」「知見を広める」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「知見を深める」とは?

知識をより深く高めることを意味する言葉で「一つ」の知識を今まで知ったことを踏まえつつ更なる知識を高めようとするさまを意味する言葉が「知見を深めるの意味」です。

この「知見」という部分が見たり聞いたりして知っている知識のことを意味し、見たり聞いたりしたことがある知識を「一つ」を深めることを意味します。

「知見を広める」とは?

知識をより深く広めることを意味しますが、「広める」という記載から一つの知識だけを追い求めるのではなく、そのもととなった知識を生かしつつ更なる知識を得ようとするさまを「知見を広める」と呼び知識の幅をさらに拡大しつつ知識を高める様です。

「知見を深める」と「知見を広める」の違い

「知見を深める」「知見を広める」の違いですが、決定的な違いは、「深める」「広める」という言葉の違いがあります。

「深める」は一つの物事に対して徹底して追及をすることを意味しますが、一方で「広める」はもっと広い意味で知識を求めることを意味するため知識の得方に大きく違いがあるのです。

簡単に説明しますと、「深める」は一つのことにのみ集中して知識を得ますが、「広める」は元となる知識を吸収したのち別のことに知識を生かそうとしています。

「知見を深める」の例文

・『専門とする知見を深める』

この言葉が持つ意味は、専門とする知識一つをより深く追求し知識を吸収することをにあります。

何を深めて知識を得ようとするかの記載がある場合、この場合は知識ですが、文面上から何を吸収しているかを確認することでどのような知識を得ようとしているかを知れます。

・『演劇という知見を深めるには時間がかかりすぎる』

この言葉が持つ意味は、演劇という一つのジャンルに対して知識をできるだけ得ようとするのは時間をかけすぎてしまうと解釈します。

すぎるやできないという言葉を用いれば得ようとした結果に対してマイナスの事柄や失敗という事柄を表すことが出来るため、知識を得ることを失敗したという解釈も可能です。

「知見を広める」の例文

・『知見を広めるにはきっかけが必要』

この言葉が持つ意味は知識をより広く持とうとする場合にはきっかけというものが必要であることを訴えています。

・『知見を広めるために自ら行動を起こす』

この言葉は、自分が知識を得るためには自分から行動をしないとならないことを示しています。

この言葉はどのような知識を得ようとしているかの記載はありませんが、自分が知識を得るためには自らが行動しないと解釈可能で、「知見」という文章の前に必要な知識を明記した場合、例えば「薬学」と記載した場合その知識を得るためには自ら行動しなければという解釈へと変化します。

まとめ

いかがでしょうか。

「知見を深める」「知見を広める」にはそれぞれ姿勢という概念が異なり、「深める」は一つのジャンルに対してより詳しく知識を得ることを指し、「広める」は一つジャンルの知識から派生して知識を得ることを意味します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典