「短肌着」と「長肌着」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「短肌着」と「長肌着」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「短肌着」「長肌着」の違いを分かりやすく説明していきます。

「短肌着」とは?

「短肌着(たんはだぎ)」とは、「新生児期(約3ヶ月頃まで)の赤ちゃん用の前合わせタイプの下着・肌着」のことです。

「短肌着」は約50~60センチの短い丈で、大体赤ちゃんの腰くらいまでの長さになります。

「短肌着」というのは、新生児期の赤ちゃんがほぼ必ず着ることになる基本の下着(肌着)で、通気性と吸湿性に優れた「綿」で作られているものがほとんどです。

「長肌着」とは?

「長肌着(ながはだぎ)」とは、「新生児期(約3ヶ月頃まで)の赤ちゃんが、短肌着の上に重ねて着る下着・肌着」のことです。

「長肌着」は約70センチの長めの丈で、大体赤ちゃんの膝くらいまでの長さがあります。

「長肌着」も短肌着と同じく通気性・吸湿性・肌触りが良い「綿」で作られていますが、「寒い季節・日」に着る下着であり、必ず着せなければいけないわけではありません。

「長肌着」をあまり使わずに、すぐに股下をスナップで留められる「コンビ肌着」に移行する親御さんも多くいます。

「短肌着」と「長肌着」の違い!

「短肌着」「長肌着」の違いを、分かりやすく解説します。

「短肌着」「長肌着」もどちらも「新生児の赤ちゃん専用の肌着・下着」ですが、丈が短めの「短肌着」のほうが丈が長めの「長肌着」よりも、必ず赤ちゃんに着せることになる基本の下着(肌着)になる違いがあります。

「短肌着」の丈は約50~60センチで「赤ちゃんの腰くらいまでの長さ」ですが、「長肌着」の丈は約70センチで「赤ちゃんの膝くらいまでの長さ」があるという違いを指摘できます。

「短肌着」の上に「長肌着」を重ね着するという使い方をしますが、「長肌着」「秋・冬などの寒い季節」に着せることが多く、必ず着せなければいけない下着(肌着)ではありません。

まとめ

「短肌着」「長肌着」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「短肌着」とは「新生児期(約3ヶ月頃まで)の赤ちゃん用の下着で、約50~60センチの短い丈で前合わせタイプのもの」を意味していて、「長肌着」「新生児期(約3ヶ月頃まで)の赤ちゃん用の下着で、短肌着の上に重ねて着せるやや丈が長いもの」を意味している違いがあります。

「短肌着」「長肌着」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典