「砂丘」と「砂漠」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「砂丘」と「砂漠」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「砂丘」「砂漠」の違いを分かりやすく説明していきます。

「砂丘とは?

「砂丘の意味との概要について紹介します。

「砂丘」の意味

「砂丘」「さきゅう」と読みます。

意味は「砂が風で吹き運ばれて、ある地域に降り積もってできた丘状の地形のこと」です。

「砂丘」の概要

「砂丘」は、砂が風により吹き運ばれてある地域に降り積もり、できた丘状の地形のことを言います。

風により吹き飛ばされた「砂」のみであり、石などは重たいので「砂丘」にはありません。

「砂丘」は地形のことで、「砂漠」とは違い、降雨量の基準はありません。

日本で有名な鳥取砂丘では雨も多く、地面の中には水分が含まれているので、植物も生息しているのです。

また、日本に「砂漠」はありませんが、「砂丘」は国内でも数カ所あり、海岸にできる「海岸砂丘」や、湖岸にできる「湖岸砂丘」などがあり、「鳥取砂丘」「海岸砂丘」になります。

「砂漠」とは?

「砂漠」の意味と概要について紹介します。

「砂漠」の意味

「砂漠」「さばく」と読みます。

意味は、「砂や岩石からなる、雨がほとんど降らない土地のこと」です。

「砂漠」の概要

「砂漠」は、砂や岩石からなり、降雨量が非常に少ない土地のことを言います。

基準とし「年間の降雨量が250ミリ以下」「降雨量より蒸発量のほうが多いこと」という点があります。

日本では梅雨の大雨の時期には250ミリなどはすぐに達してしまうので、「砂漠」は非常に荒れた土地と言えます。

「砂漠」の特徴として、昼と夜の寒暖差が非常に大きいという点があります。

夏は日中50度以上になりますが、冬は夜氷点下になることもあるのです。

「砂丘」と「砂漠」の違い!

「砂丘」「風で飛ばされた砂が降り積もってできた丘状の地形」です。

「砂漠」「砂や岩石からなり、雨量が極めて少ない土地」です。

まとめ

今回は「砂丘」「砂漠」の違いをお伝えしました。

「砂丘は土地の形状」「砂漠は土地自体」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典