「確かさ」と「誤差」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「確かさ」と「誤差」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「確かさ」「誤差」の違いを分かりやすく説明していきます。

「確かさ」とは?

「確かさ」の意味と使い方について紹介します。

「確かさ」の意味

「確かさ」「たしかさ」と読みます。

意味は「あぶなげがなく、しっかりとしている様子」「安心して信頼できる様子」「能力や動作が正常なこと」「間違っていないこと」です。

「確かさ」の使い方

「確かさ」は、形容動詞「確か」「さ」がついて体言化した言葉です。

「あぶなげがなくて丈夫な様子」は、建造物など実際に目で見てその様に感じられる、形のあるものに対して使われます。

「安心して信頼できる様子」は、人やものごとの状況などに使われます。

「能力や動きが正常なこと」は、人や機械など一定の作業を期待される時に使います。

「間違っていないこと」は、問題に対する答えや実験の結果などに使われます。

使い方はさまざまですが、基本的に「間違いがない」という共通した意味を持っています。

「誤差」とは?

「誤差」の意味と使い方について紹介します。

「誤差」の意味

「誤差」「ごさ」と読みます。

意味は「真値と、測定値または近似値との違い」「食い違い」になります。

「誤差」の使い方

「誤差」は、真の値とされるものと、測定や推定などにより得られた測定値、近似値とどれ位違っているかの度合いのことを言います。

大きな違いではなく、わずかな違いやズレなどに対して使われます。

「誤差が生じる」は、最初に予想していた数値に対して少しの違った数値になることを言います。

「誤差」はビジネスでは許容範囲に入りますが、建築学ではわずかな「誤差」も認められないこともあります。

「確かさ」と「誤差」の違い!

「確かさ」「間違いがなく信頼できること」です。

「誤差」「正しい数値との違い」です。

まとめ

今回は「確かさ」「誤差」の違いをお伝えしました。

「確かさは間違いがないこと」「誤差は違い」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典