「礼儀」と「マナー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「礼儀」と「マナー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「礼儀」「マナー」の違いを分かりやすく説明していきます。

「礼儀」とは?

「礼儀」の意味と使い方について紹介します。

「礼儀」の意味

「礼儀」「れいぎ」と読みます。

意味は「人間関係や社会の秩序を保つ為に、人が守るべき行動様式」「人に対して敬意を表すこと」「謝礼」になります。

「礼儀」の使い方

「礼儀」は、人間関係や社会の秩序を保つ為に、人い対して敬意を表したり、謙遜したりする気持ちのことを言います。

相手に対して使われる言葉で、人から何らかの親切な行為をされた時に、それに対してお礼を述べたり、時には謝礼として金品を渡すこともあります。

相手を敬い、常に優先する気持ちを持つこと、親切にされたことに対してはお礼を述べるなど、相手がして貰って嬉しい、そこまでして貰って有りがたいと思える様にふるまうことを言います。

日本人の礼儀正しさを示す行動様式として「お辞儀」がありますが、これは相手よりも自分を低く見せる為に頭を下げるという礼儀なのです。

「マナー」とは?

「マナー」の意味と使い方について紹介します。

「マナー」の意味

「マナー」「相手が不快な思いをしない様に、公共のルールを守って行動すること」です。

「マナー」の使い方

「マナー」は英語の“manner”が日本語化した言葉で、元は「やり方」「態度」「様式」などの意味です。

日本では「その場にふさわしい言動」を表します。

相手が不快な思いをしない様に、その場にふさわしい行動を取り、皆が気持ち良く過ごせる様にすることを言います。

例えば「テーブルマナー」は、フォークやナイフを正しく使うことで、大切な場面で食事をするという雰囲気を壊さない様にする為の行動です。

特定の相手に対してではなく、その場にいてどの様な行動をするべきなのかということに対して使われます。

「礼儀」と「マナー」の違い!

「礼儀」は、「社会秩序や人間関係を保つために、相手を尊敬する気持ちを表す言動」です。

「マナー」は、「その場にふさわしい言動や行儀作法」です。

まとめ

今回は「礼儀」「マナー」の違いをお伝えしました。

「礼儀は相手を尊敬する」「マナーはその場にふさわしい言動」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典