「礼儀」と「行儀」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「礼儀」と「行儀」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「礼儀」「行儀」の違いを分かりやすく説明していきます。

「礼儀」とは?

「礼儀」の意味と使い方について紹介します。

「礼儀」の意味

「礼儀」「れいぎ」と読みます。

意味は「人間関係や社会生活の秩序を保つ為に、人が守るべきとされている行動様式」「相手に対して敬意を表す作法」になります。

「礼儀」の使い方

「礼儀」とは、人が社会的に守らなければならない行動や作法のことで、社会の秩序を守る為に必要なものです。

特に「相手に対して敬意を払う行為」は、礼儀の中でも重んじられています。

「礼儀正しい人」は、常に相手を敬い、自分を謙遜しています。

会ったら自分の方から必ず挨拶をする、相手に対して敬語を使うなど、社会人として折り目正しい行動を身に付けている人のことを言います。

「親しき仲にも礼儀あり」は、どんなに親しい人に対してでも、相手を敬う気持ちを忘れてはいけないという戒めの言葉です。

「行儀」とは?

「行儀」の意味と使い方について紹介します。

「行儀」の意味

「行儀」「ぎょうぎ」と読みます。

意味は「社会的にその人の立場において守るべきとされている言動や態度」「しわざ」「仏教語で行事や儀式のやり方」になります。

「行儀」の使い方

「行儀」は幾つかの意味がありますが、日常で使われるのは「その人が立場的に守るべき言動や作法のこと」という意味です。

自分に相応しい、又は品の良いとされる言動や態度に対して使われます。

「礼儀」と違って特定の誰かに対するふるまいではなく、その人が身に付けていて日常の行動に表れる態度のことを言います。

子供に対して「行儀よくしなさい」と言うのは、「大人の言うことを聞いて大人しくしていること」を表し、「子供としての立場でふるまうこと」を要求しているのです。

「礼儀」と「行儀」の違い!

「礼儀」「人が社会的に守らなければならない行動や作法のこと」です。

「行儀」「その人が立場的に守るべき言動や作法のこと」です。

まとめ

今回は「礼儀」「行儀」の違いをお伝えしました。

「礼儀は相手への敬意」「行儀は守るべき言動」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典