「社会貢献」と「ボランティア」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「社会貢献」と「ボランティア」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「社会貢献」「ボランティア」の違いを分かりやすく説明していきます。

「社会貢献」とは?

「社会貢献(しゃかいこうけん)」とは、「直接的あるいは間接的に社会(世の中)・不特定の他者の利益につながるような行為・活動をすること」を意味している言葉です。

「社会貢献」には「直接的に社会・公共の役に立つような活動をすること」だけではなく、「営利事業(ビジネス)の副次的効果・波及作用として、間接的に社会・公共の利益になるような活動」もあります。

「ボランティア」とは?

「ボランティア」とは、「自発的・主体的な意志に基づいて無償で、公共的・社会貢献的・利他的な活動に参加する人やその活動」のことを意味している言葉です。

具体的な「ボランティア」としては、「被災地の復旧復興活動の支援・公共空間や自然の多い地域の清掃活動・困窮者や高齢者の支援」などを想定することができます。

文部科学省はボランティア活動の基本理念として、「公共性・自発性・先駆性」を挙げています。

「ボランティア」というのは、「直接的な社会貢献活動の一種」として解釈することができます。

「社会貢献」と「ボランティア」の違い!

「社会貢献」「ボランティア」の違いを、分かりやすく解説します。

「社会貢献」「ボランティア」「社会(世の中)・不特定の誰かの役に立つこと」という意味合いでは類似していて、「ボランティア」「直接的な社会貢献」の一つの方法になります。

ただし、「社会貢献」は必ずしも「自発的・主体的な意志に基づく」わけではなく「無償ではない間接的な社会貢献」もあるという「ボランティア」との違いがあります。

「社会貢献」には「社会・他者の利益になるための直接的な無償の活動」もありますが、「営利事業の副次的効果(ビジネスの結果)として社会・他者の役に立つような間接的な活動」も含まれる違いを指摘できます。

「ボランティア」「社会貢献」と違って、「自発的・主体的かつ無償で行われる公共的・社会奉仕的な活動」を意味しているのです。

まとめ

「社会貢献」「ボランティア」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「社会貢献」とは「直接的あるいは営利事業の波及効果として社会の利益につながるような行為・活動をすること」を意味していて、「ボランティア」「自らの自発的な意志によって行う無償の社会奉仕・問題解決のための活動やそれをする人」のことを意味している違いがあります。

「社会貢献」「ボランティア」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典