スポンサーリンク

「社判」と「社印」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「社判」と「社印」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

会社の業務で印鑑を使用したり、自分で会社設立の準備をしていると、「社判」「社印」という言葉を見聞きする事があります。

ですが似た様なこの言葉の違いについては、分からないという人が少なくありません。

なのでこの記事では、「社判」「社印」の違いを分かり易く説明します。

スポンサーリンク

「社判」とは?

「社判」とは、会社内で業務に使用している印鑑を表す言葉です。

個人と同様に会社でも認印や実印、銀行印といった様々な印鑑の使い分けを行っています。

この様に会社内で業務に用いる印鑑を総称して、「社判」と呼ぶのです。

「社印」とは?

「社印」とは会社にとっての認印と呼べる役割を果たしている印鑑の事で、基本的に四角い形状をしていて会社名が記載されています。

なので請求書や契約書等を作成する際や郵便物の受け取り等、比較的幅広い用途に利用されている印鑑です。

「社判」と「社印」の違い

「社判」「社印」の違いについて分かりやすく解説すると、「社判」は会社内で使用される印鑑の総称として用いる言葉です。

そのため会社内で使用される「社印」「社判」の1種として、その中に含める事が出来ます。

まとめ

「社判」は会社内で使用する様々な印鑑を、総称して呼ぶ際に使用される言葉です。

「社印」の方は四角い形で会社名が記載されているのが基本であり、会社の認印となっています。

そのため「社判」の1つに、「社印」があるという考え方が出来るのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典