スポンサーリンク

「移籍」と「転籍」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「移籍」と「転籍」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職を考えているとき、専門用語が分からないと困ることもあります。

この記事では、「移籍」「転籍」の違いを分かりやすく説明していきます。

用語の違いを、正しくマスターしていきましょう。

スポンサーリンク

「移籍」とは?

移籍(いせき)とは、別のチームに籍を移すこと。

または養子縁組などを結んで、ほかの戸籍に移ることです。

移籍とは「籍をうつす」と書きます。

籍には「戸籍」という訳もあります。

また籍には「団体の1人」という意味もあります。

つまり、ひとつの集団からほかの集団にお引っ越しすることが「移籍」

そのため芸能人がほかの所属事務所に移ること、サッカー選手がほかのチームに所属することを「移籍」とよんでいます。

グループを変更するのが「移籍」です。

具体的な使い方を見ていきましょう。

「人気サッカー選手がイタリアからスペインのチームに移籍した」そして「有名アイドルが、所属事務所を移籍した」スポーツ選手や芸能人が、所属団体を変更することは「移籍」です。

「転籍」とは?

転籍(てんせき)とは、戸籍や学籍を移すこと。

またビジネスでは「会社を退社して、ほかの会社と雇用契約を結ぶこと」という意味があります。

転籍は「籍を転ずる」と記します。

「転籍届」は戸籍の本籍を変えたいときに、お住まいの自治体に提出する申請書です。

戸籍課で手続きを済ませることができます。

またビジネスで用いる「転籍」には「企業のはからいで、別会社と雇用契約を結ぶ」という内容でつかわれます。

よく似た言葉に「転職」がありますが、働く人の意思が強いのが転職。

企業主導でおこなわれるのが「転籍」になります。

転籍は企業の人員削減のひとつとして、おこなわれます。

使い方としては、このような例文があります。

「本社からグループ会社への転籍を命じられた」「転籍してきた社員の、歓迎会がおこなわれた」「今年の秋から、あらたな転籍制度が導入された」このように、人員調節の一環としておこなわれるのが転籍です。

「移籍」と「転籍」の違い

どちらも新しいグループや組織に入ることです。

「移籍」「転籍」の違いを、分かりやすく解説します。

・芸能人の「移籍」、ビジネスの「転籍」
「移籍」「転籍」はどちらの言葉も「籍」がはいっているので、使い分けが難しいです。

「移籍」は野球やサッカーなどの一流アスリートが、ほかのチームに移るときに用います。

また俳優さんやタレントさんが、別事務所と雇用契約を結ぶときにつかいます。

対する「転籍」は今の会社と雇用契約を終了させ、新しい会社と雇用契約を結び直すことです。

A会社からB会社に転籍したら、その日からB会社の社員として働きます。

まとめるとスポーツ選手や芸能人は「移籍」

ビジネスマンは「転籍」です。

まとめ

「移籍」「転籍」の違いを分かりやすくお伝えいたしました。

どちらも所属団体やグループを引っ越すことです。

「移籍」はアイドルや野球選手が、事務所やチームを変更すること。

「転籍」は本社の意向で、別の会社と雇用契約を結び直すことです。

正しい内容を覚えていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典