スポンサーリンク

「稀覯本」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「稀覯本」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「稀覯本」の意味を分かりやすく説明していきます。

読み方の難しい言葉を、学んでいきましょう。

スポンサーリンク

「稀覯本」とは?意味

稀覯本(きこうぼん)とは、とても珍しい本のこと。

ほとんど市場に出回らない、めったにない本をあらわします。

本好きなら喉から手が出るほど欲しい、希少価値のある文庫や雑誌です。

そもそも稀覯本とは「稀覯な本」のこと。

「稀覯」とは、起こる頻度がほとんど無いこと。

確率的に少ないものをあらわします。

そのため稀覯本で、一生に一度出会えるか分からないくらい、類まれな本を指しています。

値打ちのあるもの、コレクションにしたいプレミア本が稀覯本です。

「稀覯本」の概要

稀覯本は、古本の取引でつかわれる言葉です。

新しく発売される新書と異なり、古い本には古い本なりの良さがあります。

中でもとくに高値で取引されやすいのが、すでに絶版となっていて、新しい本がマーケットに流れていかないもの。

そして小説や漫画の初版本になります。

また作家直筆のサインがあるもの、保存状態が良いもの、発行部数の少ない本も、価値が高まっています。

ちなみに稀覯本のことを「希覯本」という書店もあります。

「稀」「希」の漢字が異なっているものの、中身としては同じもの。

どちらもめったにお目にかかれない、千金に値する本です。

「稀覯本」の言葉の使い方や使われ方

「稀覯本」はこのように、日常生活で使います。

・『神保町の本屋で、思いもよらぬ稀覯本を見つけた』
・『うちの父の道楽は、稀覯本のコレクションだ』
・『地下室を片づけていたら、ヨーロッパの稀覯本が出てきた』
稀覯本とは価値のある本のこと。

博物館に寄贈したくなるような、とても珍しい書物をあらわします。

そのため古本屋街を散歩しているとき、趣味について語り合っているシーンで使います。

本の虫にとって、嬉しいものが稀覯本です。

「稀覯本」の類語や言いかえ

「稀覯本」と似ている言葉には、次の単語があります。

・希少本
・古書
・古本
・珍本
いずれも何度も出会えない、価値のある本のこと。

希少本は歴史的価値のある、古書をあらわします。

そして珍本とは、装丁やカバーなどが凝っている、アンティーク本を指しています。

ちなみに古書と古本はよく似ていますが、すでに絶版となっている本は古書と呼ばれています。

誰かの手に渡り、読み古された本が古本です。

ひと口に古書といっても、色々な種類があります。

自宅の本棚をあさってみると、思わぬ発見が待っているかもしれません。

まとめ

「稀覯本」の意味と使い方をおさらいしました。

「稀覯本」とは、市場に出回る頻度のすくないお宝本のこと。

出会えたことが奇跡だと思えるくらい、とても珍しい本をあらわしています。

時代を感じさせるアンティーク古書、小説、絶版された漫画などが「稀覯本」にあたります。

古書マニアが大金を払ってでも、手に入れたいと思える価値のある物です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典