「税理士」と「会計士」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「税理士」と「会計士」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「税理士」「会計士」の違いを分かりやすく説明していきます。

「税理士」とは?

「税理士」の意味と概要について紹介します。

「税理士」の意味

「税理士」「ぜいりし」と読みます。

意味は「中小企業または個人を対象に、決まった税金を納めたり、税金を過払いしない様にサポートする仕事」です。

「税理士」の概要

「税理士」は、中小企業、または個人を対象に、定められた税金をきちんと納めたり、余計に税金を支払い過ぎていないかなどをサポートする職業を言います。

具体的には、納税者の代わりに税務申告を行ったり、税務書類の作成を代行したり、税務に関する相談に乗ったりします。

企業にとって税務対策は複雑で分かりにくいことから、中小企業や個人業主、フリーランスなど個別対応するケースが多くなります。

「国税局」は、企業が脱税をしていないか見張る役割ですが、「税理士」は企業に寄り添ってサポートする味方です。

「会計士」とは?

「会計士」の意味と概要について紹介します。

「会計士」の意味

「会計士」「かいけいし」と読みます。

意味は「大企業を対象に、正しく決算書を作成しているかサポートする仕事」です。

「会計士」の概要

「会計士」は正式には「公認会計士」と呼ばれ、企業や法人など幅広い組織において、正しく決算書を作成しているかをサポートする職業を言います。

大企業になると、法律により監査を受けることが義務付けられています。

売上や原価、資産や開発費などが正しく計上されているかを確認して、会社が公正に運営されていることを証明しなければなりません。

また、金融機関は決算書を見て融資するか、幾ら位するかなどを判断することから、決算書が正しく作成されているかは極めて重要なのです。

「税理士」と「会計士」の違い!

「税理士」「企業の税金に関するサポートをする職業」です。

「会計士」「企業の決算書に関するサポートをする職業」です。

まとめ

今回は「税理士」「会計士」の違いをお伝えしました。

「税理士は税金」「会計士は決算書」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典