「種植え」と「種まき」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「種植え」と「種まき」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「種植え」「種まき」の違いを分かりやすく説明していきます。

「種植え」とは?

「種植え(たねうえ)」とは、「ある程度大きなサイズの植物の種子を、畑・庭・鉢植えなどの土に適切な深さの穴を掘って、その中に植えつける(入れる)こと」を意味している言葉です。

「種植え」をすると、水遣りの際に植物(花・農作物)の種が水の勢いで流されるリスクが小さくなるメリットもあります。

「種植え」に似た園芸用語に「苗植え」もありますが、「苗植え」「種ではなくポットに入った苗を、適度な深さで掘った穴に植えること」を意味しています。

「種まき」とは?

「種まき(たねまき)」とは、「植物(花・農作物)の種を畑・庭・鉢植えの土の上にパラパラとまくこと」を意味している農業・園芸の用語です。

「種まき」の方法には、「ばらまき」「すじまき」「点まき」の3種類があります。

「ばらまき」とは「細い粒~小粒の種をできるだけ均等にバラバラと振り撒く方法」「すじまき」とは「浅い溝をつくって、小粒~中粒の種を等間隔に撒いていく方法」「点まき」とは「種をまく場所に指・棒で穴を掘って、その穴の中に数粒ずつ撒いていく方法」のことを意味しています。

「種植え」と「種まき」の違い!

「種植え」「種まき」の違いを、分かりやすく解説します。

「種植え」「種まき」もどちらも、「花・農作物などの植物の種が順調に育つように、適切な時期にその種を土壌に配置すること」を意味していますが、「種植え」のほうは「種まき」よりも「畑などの土壌の内部に植え付ける」という意味合いが強くなっている違いがあります。

「種まき」というのは「植物の種子を適切な時期(季節)に土壌の上にパラパラとまくこと」を意味していますが、「種植え」のほうは「植物の種子を適切な時期(季節)に土壌に掘った穴の中に植え付けること」を意味しているという違いを指摘できます。

ただし「種まき」にも「点まき」という土壌に穴を掘ってそこに種を入れてまく方法があり、「点まき」の場合には「種植え」との違いは小さくなります。

まとめ

「種植え」「種まき」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「種植え」とは「比較的大きなサイズの植物(花・農作物)の種を、畑・鉢植えなどの土に穴を掘ってその中に植える(入れる)こと」を意味していて、「種まき」「植物(花・農作物)の種を畑・鉢植えの土の上にまくこと」を意味している違いがあります。

「種植え」「種まき」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典