スポンサーリンク

「稼働」と「可動」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「稼働」と「可動」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「稼働」「可動」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「稼働」とは?

「稼働」「かどう」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「仕事すること」という意味で、実際に労働することを言います。

2つ目は「機械が動いて役割を果たすこと」という意味で、人が運転することで機械が動いて仕事することを言います。

上記に共通するのは「仕事する」という意味です。

「稼」「かせぐ」とも読み「はたらく」「はたらいて収入を得る」という意味、「働」「はたらく」とも読み「仕事する」という意味、「稼働」「仕事を持ち働くこと」になります。

「稼働」の使い方

「稼働」「仕事すること」「機械が動いて役割を果たすこと」という意味で使われます。

名詞として動詞を伴い「稼働する・した」と使われたり、副詞として「稼働して」と使われたりします。

「稼働」の他に「稼動」という言葉もあり、「機械が動くこと」という意味で使い分けることもありますが、メディアでは「稼働」に統一されていますので、迷った時には「稼働」を使った方が良いでしょう。

「可動」とは?

「可動」「かどう」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「活動できること」という意味で、機械な操作できる状態を言います。

2つ目は「移動できること」という意味で、ある場所から別の場所に移せる状態を言います。

3つ目は「動く仕掛けになっていること」という意味で、同じ種類でも動かないものもある中、ある仕掛けにより動けるもののことを言います。

上記に共通するのは「動かせる」という意味です。

「可」「よい」「べし」とよも読み、「できる」「なし得る」という意味、「動」「うごく」とも読み「位置や状態が移り変わる」という意味、「可動」「位置や状態が移り変われること」になります。

「可動」の使い方

「可動」「活動できること」「移動できること」「動く仕掛けになっていること」という意味で使われます。

名詞ですが、「可動式」「可動性」「可動域」など複合語として使われることが多くなります」 基本的に、活動させられたり動かせることそのものを表す言葉で、仕事をするかどうかまでは含まれていません。

「稼働」と「可動」の違い

「稼働」「仕事すること」「機械が動いて役割を果たすこと」という意味です。

「可動」「活動または移動できること」という意味です。

「稼働」の例文

・『バイトは稼働日数により給料が変わる』

・『登録メンバーは多いのに実際の稼働人数が少ない』

・『工場の稼働率が60%を切ったので閉鎖を考えている』

・『原発の再稼働については反対意見も多い』

「可動」の例文

・『この扉は可動式なのでいざという時に取り払える』

・『会議室に可動式間仕切りを設置する』

・『ピッチャーとして肩の関節の可動域を広げたい』

・『ステージが可動式なので豪華な演出が期待できる』

まとめ

今回は「稼働」「可動」について紹介しました。

「稼働」「実際に働く」「可動」「動かせる」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典