スポンサーリンク

「空中リプライ」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「空中リプライ」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「空中リプライ」【くうちゅうりぷらい】の意味と使い方、例文を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「空中リプライ」とは?意味

「空中リプライ」【くうちゅうりぷらい】とは、Twitterのリプライ機能を使うことで自分が返信したい相手へ直接言いたいことをタイムラインで簡単に伝えられるのが利点です。

この機能により、直接言いにくいこともストレートに伝えられますし、特定の相手へ素早くひとり言を呟くように返信できるのが特徴的です。

「空中リプライ」の概要

Twittreで相手とやり取りしていたとき直接言いにくいことがあればタイムラインで公開すれば嫌味なくメッセージが伝えられるのがこの「空中リプライ」の良いところです。

わざわざメッセージにユーザー名を表記してツイートする必要がないため、相手の名指しもされないことから自分の言ったことがまるでひとり言のように記載されるのも「空中リプライ」の魅力です。

この方法でならツイート内でも自分の思ったことが言いやすくなりますし、なかなか話題にできないようなこともツイートできるので、噂話や嫌いなユーザーについても話題にできるわけです。

「空中リプライ」の言葉の使い方や使われ方

自分のユーザー名を伝えずに返信するとき「空中リプライする」と、送る側が使います。

その返信を受け取った側は「空中リプライを受け取った」と言いますが、あまり嬉しい気分にはならず、できればしっかり名乗ってから送ってほしいと思う残念な気持ちを表すときにも使っています。

類義語に「空中dis」があり、相手の言葉に苛立ったときや迷惑だと思うときは批判するためにこの機能を使うことで言いにくい言葉も言いやすくなります。

また、ユーザー名を付けなくても表記して、自分の言葉を伝えられる「空リプライ」という機能もあり、本文を記載せずにツイートできる方法もあります。

「空中リプライ」を使った例文(使用例)

・『相手からの反応を得るためにわざと返信を狙って空中リプライしてくる人もいる』
・『何度も空中リプライして相手とやり取りするカジュアルな返信ができるところが魅力です』
・『リアルに空中リプライを送られる人にとってはつらい行為だ』
まるで独り言のように相手へ返信できる「空中リプライ」では、どのような反応を見せるか確認したいためにわざと独り言のようにメッセージを送る人もいます。

また、何度もやり取りするのは簡単にしたいと思う人は「空中リプライ」で相手と交流を図りますが、どこかどうでもいいような返信の仕方が苦手で気分がいいとは思えない人もいます。

まとめ

Twitterを使いこなす通の間で話題になっている「空中リプライ」についてご紹介しました。

まるでひとり言を言うように、自分のユーザー名を名乗らずに気持ちを伝えられる「空中リプライ」を使って、うまく相手へ伝えにくいことも送り、うまく交流して楽しむのもいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典