スポンサーリンク

「突起」と「突出」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「突起」と「突出」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「突起」「突出」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「突起」とは?

最初に「突起」(とっき)の意味をご説明致します。

「突起」とは、ある部分のみが突き出ていることです。

また、予想外のときに、起こり出てくることも指しております。

「突出」とは?

次は「突出」(とっしゅつ)の意味を解説いたします。

「突出」の場合は、突き破って出てくることです。

また、長さや高さなどもあり、尚且つ鋭く突き出ていることになります。

「突起」と「突出」の違いとは?

ここでは「突起」「突出」の違いを説明します。

「突起」の場合は、とある部分だけが、突き出してしまっていることです。

予想もしていないときに、起こって出てくることも表現ができます。

「突出」の方は、長さや高さなどもある程度あり、鋭く突き出していることです。

また、突き破って出てくることにも使えます。

「突起」と「突出」の使い方の違い

続きましては、「突起」「突出」の使い方の違いを説明します。

「突起」を使うときは、限定的ではあるものの、周りと比べて突き出ていることなどを指すときに使います。

「突出」を使いたいときとしては、長さ高さなどが突き出ていたり、突き破っているもの、目立つものなどを表現したいときに使えます。

それぞれの使い方を取り上げます。

前者の使い方

「シートが劣化して、腰の部分が突起してきている」

「傘の突起部分には注意が必要です」

後者の使い方

「突出したファッションセンスを持っている」

「空母の突出した煙突が、着艦の際の障害となっている」

「燃料タンクから石油が突出してきた。どこか破損でもしていたのだろうか」

「突起」と「突出」の英語表記の違い

「突起」「突出」の英語表記の違いを取り上げていきます。

「突起」を英語表記にすると、“Protrusion”になります。

「突出」を英語にすると、“Protruding”です。

前者の例文は、“I fell down with a protrusion”(突起物で転んでしまった)です。

後者は、“Outstanding driving skills are great”(突出した運転技術は素晴らしい)になります。

文法的に、“Outstanding”を使っています。

「突起」を使った例文

ここでは「突起」を使った例文を書いていきます。

・『床掃除の際には、突起物には注意して掃除しよう』

・『屋上の構造物が突起しているので、分かりやすい特徴を持ったビルです』

・『トラックのバンパーが突起しているようです』

・『犯行現場ではドアノブさえも突起物になるのだ』

・『違法改造車は突起物が非常に多い』

「突出」を使った例文

「突出」を使った例文を書きます。

・『突出した飛行技術を持っている』

・『この海域は、敵の領海に突出しているので注意が必要だ』

・『ペットボトルから、コーラが突出してきた』

・『突出した成績を維持しているのは、凄いと思う』

・『この山の特徴は、突出した頂上の形である』

まとめ

まとめは、「突起」とは、限定された部分ではありますが、周りよりも高く突き出していることになります。

また、「突出」の方は、突き破ってきてしまうことや、高さもあり、長さなどもあり、突き出ていることです。

また、他者などと比べると、非常に目立っていることなどを指す場合でも使います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典