スポンサーリンク

「競争入札」と「相見積」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「競争入札」と「相見積」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「競争入札」「相見積」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「競走入札」とは?

「競走入札(きょうそうにゅうさつ)」とは、「事前に複数の業者に対して説明会を行い、各社にその事業の見積金額・計画内容などを書いた札を入れさせ、最低金額(もっとも条件に合う金額・内容)を書いた業者に依頼する方法」を意味しています。

「競走入札」には、誰でも参加可能な「一般競走入札」と(実績・技術力・機械や資材の保有などの観点から)参加できる業者を初めから指定する「指名競走入札」があります。

「競走入札」「開札するまで各社の見積金額が分からない公正な発注の仕組み」であるため、「国・地方自治体・公的機関の公共事業」において採用されることが多くなっています。

「相見積」とは?

「相見積(あいみつもり)」とは、「複数の業者に見積書を提出してもらい、受注金額・計画内容・ノウハウ(技術力)などを比較検討してどの業者に依頼するか決める方法」を意味しています。

「相見積」は競走入札のような金額・内容に基づく一発勝負の公正な競争原理は働いておらず、「受注金額を公開した上での再交渉」なども可能です。

「相見積」というのは、「受注金額(事前に決められた競争の条件)だけではなく、技術力・計画内容なども合わせて総合的にどの業者に依頼するのかの判断をするやり方」なのです。

「競争入札」と「相見積」の違い!

「競争入札」「相見積」の違いを、分かりやすく解説します。

「競争入札」「相見積」はどちらも「業者に工事などの仕事を依頼する方法」ですが、「競走入札」「複数の業者に見積書の請求金額の競走をさせて、もっとも低い金額で受注できる業者に依頼する方法」のことです。

「競走入札」に対して「相見積」というのは、「複数の業者に見積書を提出させた上で、内容・技術力・金額などを比べてどの業者に依頼するか決める方法」を意味している違いがあります。

「競走入札」「開札するまで誰も各社の見積金額が分からない仕組み」ですが、「相見積」「見積金額をオープンにするやり方で事後の交渉も可能」という違いも指摘できます。

まとめ

「競争入札」「相見積」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「競走入札」とは「公共事業などで複数の会社に予算を書いた札を入れさせて、最低金額(条件にもっとも合う金額)を書いた業者に依頼すること」を意味していて、「相見積」「複数の業者に見積もりを提出してもらい、金額・内容・ノウハウ(技術)などを比較検討してどの業者に依頼するか決めること」を意味している違いがあります。

「競争入札」「相見積」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典