スポンサーリンク

「管理」と「監視」の違いとは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「管理」と「監視」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

責任のある立場になると、部下や企業の物品、計画などに注意を向ける必要があります。

ですが初めてそう言った立場になった人は、「管理」を求められているのに、「監視」をしてしまっていることも多く、注意が必要です。

この記事では、「管理」「監視」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「管理」とは?

「管理」とは計画や事務などが円滑に進むように取り仕切ったり、物品や設備を保存し維持することです。

ビジネスの上での「管理」という場合、部下が十分に働けるように気を配ったり、仕事で取り扱う道具や商品に異常がないように保存したり、部下の能力や適性にあわせて適切な仕事をさせることを指します。

仕事や活動の計画方針を決め、それの実現に向けて人員を割り振るのも「管理」ですし、各人の業務が滞りなく、ミスしないか注意するのも「管理」です。

「監視」とは?

「監視」は対象の状況に異変がないか、不正が起きないかなどを警戒して見張ることを意味します。

部下の「管理」を任された人が、部下の仕事を逐一見守り、問題にすぐ対処できるようにするというのは「管理」ではなく「監視」であり、「管理」職にありがちな失敗です。

「管理」の一環として「監視」が必要になることはありますが、常に「監視」することは「管理」職に求められる仕事ではありません。

人への「監視」を続けることは、相手に息苦しさや不快感を覚えさせ、「管理」に支障が出る原因となることもあります。

「管理」と「監視」の違い

「管理」「監視」は何を見ているかという点に大きな違いがあります。

「管理」は物品等の状態や部下からの報告と言った結果を見て行いますが、「監視」は部下がどう行動しているかや物品の保存や取り扱いに異常がないかと言った現在の状況を見続けることです。

各員や物事の進む方向性を決めたら、後は各々が自発的に行動してもらうのが「管理」で、逐一状況を把握し続け、全部の行動を自分が差配することが「監視」と言えるでしょう。

「管理」と「監視」の類語や言い換え

ビジネスシーンでよく使われる「マネジメント」という言葉は、「管理」とも訳される類語であり、意味するところもほとんど同じです。

ただしビジネス用語としては、「管理」は業務に差し障りがないようコントロールすることで、「マネジメント」はより成果を引き出す運用をするという意味合いを持って使われます。

行動としての「監視」「観察」と言い換えられることも多いです。

また逐一見張ることだけでなく、それをする人を含めた意味での「監視」であれば、「監督」と言い換えられます。

まとめ

「管理」「監視」は言葉だけでなく実際の行動も混同されがちですが、不正の取り締まりではなく「管理」を任された時に行う「監視」は、いい結果に繋がりにくいです。

責任を負う立場になった人は、「管理」「監視」の違いを把握し、求められた方法を実行することが求められます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典