スポンサーリンク

「簡易書留」と「特定記録郵便」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「簡易書留」と「特定記録郵便」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「簡易書留」「特定記憶郵便」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「簡易書留」とは?

「簡易書留」は、受取人側が確実に荷物を受け取ることができる仕組みで、配達員側は手渡しにて商品や現金を渡す仕組みです。

なお、現金を渡す場合、配達員は5万円までの現金を直接配達依頼者に手渡します。

なお、「簡易書留」は商品や配達物の保証があり、5万円までを保証する仕組みでオプションになりオプションダイキンは320円です。

「特定記憶郵便」とは?

「特定記憶郵便」は郵便物の郵送に関してのオプションで、依頼人のもとに無事に荷物が届いたかどうかのみを確認するためのオプションです。

荷物の追跡を可能としたオプションで、あくまで郵便物はポストなどへの投函か依頼人が出て来ての受け渡しを主とします。

なお、「特定記憶郵便」は荷物の保証があらず、あくまで郵便物を贈り先に送り届けることのみを優先します。

「簡易書留」と「特定記憶郵便」の違い

「簡易書留」「特定記憶郵便」の違いは、小包に適応されるオプションの違いです。

「簡易書留」は、送り先に必ず到達したことを贈り先が確認し、届け先も確認し、お金の受け渡しも可能で、かつ荷物の保証があります。

一方、「特定記憶郵便」は、荷物の保証がないうえ、送り先が荷物を確認することができるか、商品の届け先が荷物の確認ができるだけです。

なお、両者はオプションであるため、料金も異なり、「簡易書留」の方が320円と高めで「特定記憶郵便」は160円で利用できるオプションになります。

「簡易書留」の例文

・『簡易書留はポスト投函可能と判断可能な大きさの小包の場合、荷物の場所を追跡することはできない』 これは、「簡易書留」という郵送法はポスト投函が可能な品物であると職員が判断した場合、荷物の追跡機能が有効にならないという意味です。

「簡易書留」「特定記憶郵便」はともに最大で4キロまでの内容物を贈ることが可能で、この時小包のサイズがメール便であればポストと投函になるため、追跡サービスが利用できなくなります。

逆を返せば、メール便よりも大きなものでも郵送が可能で4キロまでであればメール便を超えるサイズの場合、荷物がどこにあるかを追跡できるのです。

「特定記憶郵便」の例文

・『特定記憶郵便は荷物の追跡が有効とは限らない』

この例は、「特定記憶郵便」というオプションで贈られてくる小包は、必ずしも荷物の追跡が可能だとは言えないという例です。

それは何故かというと、メール便で贈られたものはポスト投函となるため、原則、オプションである、荷物の追跡が不可能となります。

まとめ

「簡易書留」「特定記憶郵便」の違いにはほかにも土日に郵便物を配達するかという物があり、「簡易書留」は土日でも郵便物の配達を行い、「特定記憶郵便」は土日は荷物が移動せず、郵便局に取り置かれるという違いがあります。

なお、取り置かれる荷物は近くの郵便局になり、近くの郵便局まで荷物が移送されていない場合、土日でも荷物の移送は行われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典