スポンサーリンク

「粗方」と「大方」の違いは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「粗方」と「大方」の違いは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「粗方」「大方」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「粗方」とは?

「粗方」「あらかた」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「ほぼ全部に近い部分」という意味で、全部とまではいかなくても、ほぼ全部に近い様子を言います。

2つ目は「だいたいの数量であること」という意味で、ざっと見てそれくらいの数量であると推察することを言います。

3つ目は「手入れが行き届いていない様子」という意味で、雑な仕上がりである様子を言います。

上記に共通するのは「ざっと見てそれくらい」という意味です。

「粗」「おおざっぱな」という意味、「方」「やりかた」という意味、「粗方」「大ざっぱなやり方」になります。

「粗方」の使い方

「粗方」「ほぼ全部に近い部分」「だいたいの数量であること」「手入れが行き届いていない様子」という意味で使われます。

名詞・形容動詞として「粗方だ・である」と使われたり、副詞として使われます。

基本的に、ほぼ全部に近い状態について使われる言葉です。

「大方」とは?

「大方」「おおかた」と読み、主な意味は以下の通りです。

1つ目は「ものごとの大部分」という意味で、「粗方」と同じ意味になります。

2つ目は「世間一般として」という意味で、一般的な基準に照らし合わせていることを言います。

3つ目は「おそらく」「たぶん」という意味で、ほぼそうであろうという推量の意味を表します。

4つ目は「そもそも」という意味で、話題をまとめる為に切り出す言葉として使われます。

上記に共通するの「ざっくりと捉える」という意味です 「大」「数量が多い」という意味、「大方」「数量が多めのやり方」になります。

「大方」の使い方

「大方」「ものごとの大部分」「世間一般として」「おそらく」「たぶん」「そもそも」という意味で使われます。

名詞として動詞を伴って「大方そうだ・そうだった」と使われたり、副詞として使われたりします。

基本的に、ものごとのほぼ全部に近い状態や、普通に考えてそうであろうと思われる基準に使われる言葉です。

「粗方」と「大方」の違い

「粗方」「ほぼ全部に近い状態」という意味です。

「大方」「ほぼ全部に近い状態」「普通に考えてそうであろうと思われる基準」という意味です。

「粗方」の例文

・『うちの部署では同僚の粗方が大卒だ』
・『今日やるべきことは粗方片付いた』
・『懇親会には粗方30人くらい参加するだろう』
・『引っ越しの準備が粗方終わった』

「大方」の例文

・『おっしゃることは大方理解できました』
・『新商品に関して、社内で大方の意見は肯定的だった』
・『大方二日酔いで起きられないんだろう』
・『家の骨組み部分は大方出来上がっている』

まとめ

今回は「粗方」「大方」について紹介しました。

「粗方」「ほぼ全部に近い状態」「大方」「ほぼ全部に近い状態」「普通に考えた基準」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典