スポンサーリンク

「精密」と「正確」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「精密」と「正確」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「精密」「正確」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「精密」とは?

「精密」には2つの意味があります。

一つは、非常に細かなところにまで注意が行き届いていることです。

体調が悪くなったとき、病院で検査をしてもらうことでしょう。

そのときのことで考えてみます。

検査といっても、血液検査、血圧測定、体重測定、MRI、レントゲン撮影、内視鏡検査など、いろいろとあります。

血液検査や血圧測定などから体のおおよそのことはわかりますが、どこがどう悪いのかなど詳しいことはわかりにくいです。

より細かなところまで調べるために「精密検査」というものが行われます。

たとえば、大腸内視鏡検査です。

大腸内視鏡検査をすることで、大腸のどの部分にどのような問題があるのか、詳しく知ることができます。

「精密」は、大雑把なことではなく、非常に細かなところまで注意が行き届いていることをいいます。

もう一つの意味は、細かなところまで正確な寸法で作られていることです。

日曜大工で何かを作るとき、大まかなサイズで作ってしまう人もいることでしょう。

このようなことではなく、mm単位などで細かく正確な寸法で作ることを意味しています。

「精密」の使い方

注意の向け方や機械の運用・構造などについて使用をします。

非常に細かいという意味合いを持っている言葉です。

「正確」とは?

「正確」とは、間違いがなく確かなこと。

事実とあっていて、少しも違わないことです。

時間のことで考えてみます。

日本標準時というものが定められており、これが日本国内での正しい時間とされています。

しかし、すべての時計がこの時間ぴったりあっているのではありません。

自宅の時計は5分遅れているとか、腕時計が1分進んでいるとかしていることでしょう。

「正確」とは、こういったことではありません。

時間のことでいえば、日本標準時とぴったりあっていることをいいます。

「正確」の使い方

誤差が問題となる事柄に使用されることが多いです。

たとえば、投与する薬の量、洋菓子店で販売する菓子の材料の分量などです。

分量以外の事柄についても、正しく確かであるさまを指して使用することができます。

「精密」と「正確」の違い

どちらの言葉も「きっちりしている」というイメージがあり、同じような意味を持っているように感じますが、同じことを指しているのではありません。

前者の言葉は、注意が行き届いていること、細かなところまで寸法が正しいことです。

後者の言葉は、事実と違っていないことです。

「精密」の例文

・『精密機器を扱う』
・『精密な検査を受ける必要がある』
・『精密に作られている模型』

「正確」の例文

・『正確な数を把握する』
・『正確に分量をはかる』
・『正確な値を求める』

まとめ

「きっちり」というイメージのある2つの言葉ですが、意味が同じなのではありません。

一方は細かなこと、もう一方は正しいことを意味しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典