スポンサーリンク

「紹介」と「照会」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「紹介」と「照会」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「紹介」「照会」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「紹介」とは?

知らない者同士を間に入って引き合わせることを意味する「紹介」

人か介してつなぐといった意味となります。

また、人同士を引き合わせるだけではなく、世間に知られていないようなことを世間に広く教える、知らせる、といった意味もあります。

このような意味から、「紹介」と同じような意味を持つ言葉には、「引き合わせる」「取り入れる」「引き合わす」「引接」などがあります。

「紹介」の使い方

「友達を紹介する」といった使い方のほかに、「紹介」には、「紹介者」「紹介状」「自己紹介」「先生紹介」「人材紹介会社」などといった使い方があります。

「照会」とは?

照らし合わせると書いて「照会」

その漢字の意味通り、問い合わせて確認することを意味する言葉となります。

また、「照会」の場合、比較して確認するといった意味もあります。

このことから、「照会」には、基本、確認するといった意味があります。

このような意味から、「照会」と同じような意味を持つ言葉には、「リサーチ」「調査」「問い合わせ」「質問」などがあります。

「照会」の使い方

どんなものを「照会」するのかといった使い方として、「残高照会」「身元照会」「照会手続き」「データ照会」「個人情報の照会」「指紋の照会」などがあります。

「紹介」と「照会」の違い

同じ「しょうかい」という読み方でも、全く異なった意味を持つ「紹介」「照会」

「紹介」は、人と人を引き合わせることを意味するほか、世間に広く何かを教え、知らせるといった意味がありますが、「照会」の場合は、あくまでも、照らし合わせるというものになります。

誰かに何かを教えるというものではなく、あくまでも、確認するといった意味となります。

そのため、読み方は同じでも全く異なった意味となるため、漢字の選び方には注意が必要です。

「紹介」の例文

・『新しいクラスでの自己紹介は、とても緊張します。』

・『今日、親に彼女を初めて紹介します。』

・『私は、彼のことが気になるので、ぜひ、私を彼に紹介してもらえませんか。』

・『雑誌で紹介されていた店の予約が取れました。』

「照会」の例文

・『今月の生活費も残りわずかとなり、残高照会をした際、あまりにも残高が少なくて驚きました。』

・『身元照会には、写真もついている運転免許証が最適です。』

・『クレジットカードの再発行の手続きを行う際、身元の照会などに時間がかかりました。』

・『個人情報の照会は、誰でも簡単に行うことができてはならない。』

まとめ

以上が「紹介」「照会」の違いです。

同じ読み方でも、意味は全く違います。

人を「しょうかい」する場合は、「紹介」

何かを照らし合わせて確認する場合の「しょうかい」は、「照会」

この点を間違えることなく適した使い分けが必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典