「絨毯」と「カーペット」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「絨毯」と「カーペット」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「絨毯」「カーペット」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「絨毯」とは?

「絨毯(じゅうたん)」とは、「室内(部屋)の床に敷くための織物・敷物」「床に敷くパイル織りなどの敷物」のことを意味しています。

手で結ばれた織物である「絨毯」の起源は紀元前4000~2000年のモンゴルやトルキスタンまでさかのぼるとも言われます。

「絨毯」は古い時代には床だけではなく壁・テーブルの上にも敷かれていましたが、「ペルシャ絨毯」のような床に敷く高級織物のことはカーペットよりも絨毯と呼ぶことが多くなっています。

「カーペット」とは?

「カーペット」とは、「室内(部屋)の床に敷くための織物・敷物」「絨毯を含めた床に敷き詰める織物・敷物の総称」を意味しています。

「カーペット」の厚くて重い生地には、「毛織物・羊毛・綿・麻・藁・コルク・ウッド」などが使われています。

「カーペット」の機能として、「耐衝撃性・防音性・防塵性(ハウスダスト対策)・滑りにくい・燃えにくい・肌触りの良さ・保温性」などがあります。

「絨毯」と「カーペット」の違い!

「絨毯」「カーペット」の違いを、分かりやすく解説します。

「絨毯」「カーペット」はどちらも「部屋(室内)の床に敷き詰めるための織物・敷物」を意味していますが、「絨毯」「カーペット」にない古い時代(18~19世紀)の使い方として、「壁・テーブルの上に敷く用法」もありました。

また世界最高級の織物である「ペルシャ絨毯」のように、「高級で高価な床に敷く織物・敷物」を指示する場合には、「カーペット」よりも「絨毯」の言い方のほうが使われやすい違いも指摘できます。

「絨毯」「カーペット」は基本的に同義語ですが、「パイル織りの敷物」だけを「絨毯」と呼ぶこともあり、その場合には「絨毯」「カーペットの一種」として解釈できます。

まとめ

「絨毯」「カーペット」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「絨毯」とは「室内の床に敷くための織物・敷物」「ペルシャ絨毯のような高級織物」を意味していて、「カーペット」「床面の敷物に使われる織物全般、基本的に絨毯と同義語だが絨毯をカーペットの一種とする解釈もある」を意味している違いがあります。

「絨毯」「カーペット」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典