「統計」と「集計」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「統計」と「集計」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「統計」「集計」の違いを分かりやすく説明していきます。

「統計」とは?

「統計(とうけい)」とは、「ある母集団の状態・性質・傾向を調べるために、母集団からサンプル(標本)を抽出してそのデータ(数字)を処理して結論を導くこと」を意味している言葉です。

「統計」というのは、「集団の状態・傾向を、その集団に含まれる人(物)のデータを適切に分析・解釈することで明らかにしようとする数学の専門分野」のことなのです。

「統計」を正しく実施して利用するためには、「統計学(数学分野)の基本的な知識・方法論」「統計データを処理して解釈するためのソフトウェア」が必要になります。

「集計」とは?

「集計(しゅうけい)」とは、「取得した個別のデータ(数字)を集めて合計すること」を意味している言葉です。

「集計」という表現は、「複数の数字を足し算で合わせること」を意味しているのです。

例えば、「アンケート調査の集計」という場合には、「アンケートで得られた回答の数(それぞれの選択肢を選んだ数など)を集めて、足し算をして合計すること」を意味しています。

「統計」と「集計」の違い!

「統計」「集計」の違いを、分かりやすく解説します。

「統計」「集計」もどちらも「数字を使った計算をすること」というシンプルな意味では共通点がありますが、「統計」のほうが「集計」よりも「複雑な数字の処理+専門的な統計学の知識」が必要になるという違いを指摘できます。

「統計」というのは「母集団の性質・傾向などを調べるために、母集団から標本(サンプル)を抽出してそのデータを取得したり専門的な処理をしたりすること」を意味していますが、「集計」のほうは「取得した一つ一つのデータ(数値)を単純に合計すること」を意味しているという基本的な違いがあるのです。

まとめ

「統計」「集計」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「統計」とは「母集団の標本(サンプル)を調査して、その母集団の性質・傾向・状態などを数値で表すこと」を意味していて、「集計」「個別に出したデータの数字を集めて合計すること」を意味している違いがあります。

「統計」「集計」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典