スポンサーリンク

「絶交」と「絶縁」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「絶交」と「絶縁」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「絶交」「絶縁」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「絶交」とは?

「絶交」とは、喧嘩をするなどして、これまでのような付き合いを辞めることを言います。

「あなたとは、今日限りで絶交します」「あの二人、絶交したらしいけど何があったのだろう」などと、使います。

「絶縁」とは?

「絶縁」とは、縁を切ること、関係を断ち切ること、という意味があります。

血縁関係があっても「他人」という意味での「絶縁」と、仲が良かったけれど今後関係は持たないといった意味での「絶縁」と二通りあります。

いずれにしましても「二度と会うことも関わることもない」といった気持ちであることは同じです。

「絶交」と「絶縁」の違い!

「絶交」「絶縁」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも人間関係において使う言葉ですが、意味が違いますので混同しないようにしましょう。

「絶交」とは仲違いしたことにより「付き合いを断つ」ことを言います。

一方の「絶縁」とは相手との縁、関係そのものを切ることです。

「絶交」は付き合わないというだけで縁そのものを切っているわけではありませんので、修復の余地は残されています。

しかし「絶縁」の場合は相手と自分の関係性そのものを断ち切っていますので、一般的に修復はかなり難しい状態になっていると言えるでしょう。

これが「絶交」「絶縁」の違いとなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「絶交」「絶縁」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

「絶交は相手との付き合いを辞める」「絶縁は相手との縁、関係を完全に切る」という風に覚えておきますとわかりやすいでしょう。

それぞれの言葉の意味を正しく理解して使い分けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典